日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子
  • 日時:令和元年9月22日(日)~23日(月)
  • 場所:博多 リファレンス駅東ビル貸会議室 
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 相談役  松田正信先生
  • 近畿第三連合会 筆頭副連長 吉田恵里子先生

コメント 講師の講演とディスカッションで、これから目指す所も明確になりました。年間達成!!

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

操南薬局

操南薬局

全国の同志の先生方、こんにちは。いつも大変お世話になっております。今回、中国連合会からは、操南薬局さんをご紹介させていただきます。
操南薬局さんのお店は岡山市中区にあり、岡山市の4つある区域の中で最も面積が狭く、人口密度が最も高い場所です。現在でも田畑が多く存在しているものの、国道2号が通り、新岡山港が整備されているため、岡山県トラックターミナルをはじめとした物流拠点が設けられており、都市化が進行しているにもかかわらず、比較的豊かな自然環境を保っている所です。
操南薬局さんは創業昭和46年。日専同は平成8年に入会されました。当時は前連長の渡辺宗男先生が新入部会を担当されており、月1回集まり研鑽されていたそうです。毎月、各自の実績を貼り出され、480万以上必達!! 5人推売表を作成し、新人の先生方で情報を共有し意識付けをしていたそうです。
今回は部会も兼ねて取材に行かせていただきました。店内に入ると、秋子先生と圭子先生が温かく迎えてくれました。店内の雰囲気は落ち着いた感じにリノベーションされ、椅子も年配のお客様を意識した高さにされ、座り心地の良いものに。POPの文字も読みやすく、商品をお店に出して見せる演出など、購買意欲をアップする工夫がたくさんしてありました。
特に床にこだわったそうで、全く削れず、掃除も簡単な素材を使用されており、高級感がアップしていました。
チャートはゼミ・連研で貰ったものをPCが得意な圭子先生が分かりやすいように加工されておりました。服薬指導のコツは、お客様を選ばず、たくさんの方に服薬指導を受けてもらうこと! レオピンだけでなくプレビジョンシリーズもすべて服薬指導できるようにし、レオピンのお湯割りやしょうが湯割りで服薬指導をされるみたいです。勿論、先生ご自身もレオピン、カルマジン、エナックロイヤル、プライムピュア、エナックW、田七、トコベールEと、たくさん服用されています!!
お店のこだわりは、調剤の患者様・OTC・化粧品のお客様と分けるのではなく、融合できるお店を目指されており、来店された方全員に寄り添った接客を徹底されていると感じました。「これからも日専同行事には積極的に出席し、モチベーションを下げないように頑張りたい」「目標はいつまでも元気で一生懸命に! 生涯現役!」それと「子々孫々につながるお店にしたい」と力強くおっしゃっていました。
操南薬局さん、この度の取材を快く引き受けていただき、ありがとうございました。いつまでも現役で元気に店頭に立たれ、全国大会で寿表彰をされるのを楽しみにしております。

  • 店名操南薬局
  • 代表者清水秋子先生
  • 所在地〒702−8004 岡山県岡山市中区江並77-5
  • 電話086(277)0862
  • FAX086(274)2448
  • 商品構成調剤65% 医薬品25% 化粧品5% 健康食品等5%
  • 平均客数30名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間9時~19時半
  • 店舗面積23坪
  • 従事者清水秋子先生 清水圭子先生 三好順子先生 小川和江先生 藤高茂美先生 野木加津子先生 切田理恵子先生

記者/田辺彰(中国連情報部長)

(株)平安堂薬局

(株)平安堂薬局

全国の先生方、こんにちは。今回近二連からご紹介するお店は、連合会の金庫番、東秀樹会計部長の「平安堂薬局」です。
会計部長を拝命され早十一年。こうやって連合会運営をスムーズにできるのも、東会計部長のおかげです。東会計部長に足を向けて寝られません。感謝感謝でございます。
さて、お店は、京都市中京区の三条名店街にあります。河原町通りと寺町通りを結ぶ商店街で一番古いお店で六五〇年前から十七代続いている歴史をもつ老舗店から京土産、飲食、ファッションを扱う多様な店が並んでいます(私が小学生、中学生の頃は、三条、四条で映画を見て、新京極通りや寺町通りを練り歩くことがトレンドでした)。お祖父様が昭和二年に開局され、それ以前二十年ほどは御池通の方で卸問屋を営んでおられたそうです。
薬剤師を目指したきっかけは何ですか?
「家が薬局をしていたこともありますが、祖母がお医者さんになってほしいとよく言っていて、血圧が高く、心臓病も患っていたこともあり、治してあげたいと思ったことが理系を目指すきっかけでしたが、物理と微積があまりにも分からず薬剤師に変更しました。」
(分かります、私も同じで大学一回生の頃、とても苦労した記憶があります。)
日専同との出会いについてお聞きしました。今から十七年前(ちょうど上のお子さまがお生まれになられた年)にオールジャパンドラッグの会合で、近二連相談役の藤岡平一郎先生から「君が東君か。お父さんからよう聞いている。日専同という会があるんやけど、悪いようにせえへんから、とにかく一度見に来なさい」と半ば強引にお誘いを受け、イヤイヤながら特別研修会に参加されたのがきっかけだったそうです(この出会いがなければ、アズマン(ヤングでのニックネーム)とのヤング青春時代をともに過ごすこともなかったのだと思うと、藤岡相談役、お声掛けしていただいてありがとうございました。これまた感謝感謝です)。
日専同の思い出をお聞かせ下さい。
「いろいろありますが、滋賀県で開催された第十七回全国大会で、当時のヤングの先生方と一年間練習を重ねてきた「よさこいイッチョライ」を懇親会で踊ったことが一番の思い出です。日専同

  • 店名(株)平安堂薬局
  • 所在地〒604-8036 京都市中京区三条通河原町西入石橋町14
  • 電話075(221)0932

記者/相原統(近二連情報部長)

光善寺三和薬局

光栄堂薬局

全国の先生方、こんにちは。近畿第一連合会情報部長の米川元章です。今回私がご紹介させていただくお店は大阪府枚方市(ひらかた)にてご開局されております「光善寺三和薬局」様です。
枚方市は大阪市と京都市のほぼ中間にあたる大阪府北西部に位置しております。人口は約40万人、府内第5位の人口を擁する中核都市で、古くから大阪-京都間の交通を支える要所として栄えてきました。私の通っていた大学も枚方市にあり、個人的にも思い入れのある市です。
そして何といっても関西人として外せないのが「ひらかたパーク」、通称「ひらパー」です。開園から継続して営業している遊園地としては国内最古で「超ひらパー兄さん」ことV6の岡田准一さんが園長を務めていることでも有名です。
その「ひらパー」のある京阪電鉄枚方公園駅の一つ手前にある光善寺駅から徒歩1分の所に「光善寺三和薬局」様があります。店主は彼の有名な、泣く子も笑う日専同副会長・八賀一平先生です。
お店は昭和57 年に開局。現在は奥様の克子先生とお嬢様の渡辺律子先生(彼ら近一連ヤングライオンズ大将)、薬剤師の渋谷久美子先生、美容スタッフの砂原恵美子さんの5人でお客様の対応をされています。
ここで黒沢会長の陰に隠れてあまり目立っていないことを日々悩 まれている八賀副会長について詳しくご紹介したいと思います。
最初は多店舗展開されていた薬局に就職され、各店舗の店長としてご活躍の後、昭和57年に現在の場所に独立開局されました。
勤めていた薬局が日専同会員だったご縁もあり、独立前から日専同の会合に出席されていたそうです。その当時、すでに部会長等の役職もご経験されていました。
また、各地の日専同重鎮先生の元でも勉強され、関東第一連合会会長の吉田裕子先生のお父様・宮崎亮哉先生にも師事されたそうです。
平成14年より近一連連合会会長を三期務められた後、本部理事、連合会相談役を経て平成30年より副会長の職に就かれております。
お店は駅前通りから一本入った飲食店等が立ち並ぶ通りにあり、一見して「何かを期待させる」外観になっております。
店内に誘う引力たるや! 取材時もお店の前を通る多くの人の視線がお店の内外に注がれていました。
店内に入って右側が化粧品コーナーとお手入れ台があり、左側には湧永商品を中心とした医薬品、健康食品が並んでおります。調剤室と投薬カウンターはお店の一番奥にあります。
昔は雑貨やNB商品もたくさん置いてあったそうなのですが、近所に有名ドラッグストアができたことや、律子先生の「うちはドンキホーテやない」の一言もあって、徐々に減らしていかれたそうです。
先生の商品知識は実に豊富。知らない商品はないのではないかと言われるほどで、私(日専同二代目)も父から「わからん商品は八ちゃんに訊け」と教わりました。商品それぞれに工夫を凝らしたPOPがあり、我々が日々教わっている日専同流健康指導もお客様にわかりやすい言葉で掲げられています。
また、相談時、お客様に理解してもらいやすいように、鼻腔模型や肛門周囲の図、痔の模型等も置かれています。検査機器も充実しており、血圧血流計、骨密度測定器、ストレスチェッカー、毛細血管血流スコープ等を駆使して各種お客様のご相談に応じられています。
八賀先生は常々「お店を知ってもらう努力」についてお話をされております。前述の外観にもその意識が強く表れております。
「待ってても客は来ない」と、毎月のDMはもちろん、ポスティング、チラシ、SNSでの情報発信を欠かさず続けられています。作製には律子先生が手腕を発揮され、お客様にも大好評だそうです取材日は祝日にもかかわらず、次々とお客様が来店されていました。どのお客様もまるで実家に帰ってきたようにリラックスされ楽しそうにお話しされていました。
また、その合間に電話での相談を受けられたり、配達の準備をされたりと、地域に根付き住人の信頼をガッチリ得ている「これぞ日専同」という姿を見せていただきました。ここに律子先生の若い感性が加わり、良い化学反応が起きた結果、さらに魅力的なお店になっていると感じました。
一時期、医薬分業が急速に進み、処方箋が増え、お店として調剤に時間を取られてしまう状態になったことがあったそうです。
克子先生の負担が増えたことと「目指すお店の形ではない」という理由で、現在は「薬はいつでもええで~」というお客様以外は近隣の薬局を紹介されているそうです。
「店の周りに調剤薬局がいっぱいあるから、お客さんがどの方向に帰っても紹介するのに困らんわ~」というくらい周辺には薬局も多く、さらに目と鼻の先には有名ドラッグストアもあるという激戦区ですが、唯一無二の存在感で光善寺に君臨されております。
思い返せば十数年間、八賀先生からは事ある毎にご指導いただいていますが、今回初めてお店にお邪魔させていただきました。
店頭での八賀先生の立ち振る舞いを見させていただき、また、たくさんのお話を聞くことができ大変勉強になりました。
今回誌面の都合上、私の溢れる想いの極一部しか書けなかったことが唯一の心残りです。全部書いたら『恵気素』7月号が実話ナックルズ並みの分厚さになってしまうので、今回はこれくらいにしといたるわ!
最後になりましたが、今回取材をご快諾いただき感謝申しあげます。取材当日も八賀先生、克子先生にはお忙しい中取材にご協力いただき、また律子先生には原稿作成にご協力いただきました。八賀家には足向けて寝れません。本当にありがとうございました。

  • 店名光善寺三和薬局
  • 代表者八賀一平先生
  • 所在地〒573−0064 大阪府枚方市北中振3−23−2
  • 電話072(831)7219
  • FAX072(831)7219
  • 創業昭和57年
  • 商品構成医薬品 55% 化粧品 35% 調剤 10%
  • 平均客数10~15名
  • 定休日日曜
  • 営業時間月~金 9時~19時30分 土、祝日 9時~18時
  • 店舗面積24.5坪
  • 従事者八賀一平先生 八賀克子先生 渡辺律子先生 渋谷久美子先生 砂原恵美子先生

記者/米川元章(近一連情報部長)