日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

テイコク薬店千里中央店 2022年9月号(No544)

テイコク薬店千里中央店

今回、近畿第一連合会からご紹介させていただく店舗は、Beauty&Wellnessテイコク千里中央店(テイコク薬店千里中央店)様です。店舗は大阪府北部の豊能地域に位置する中核市である豊中市にあります。
豊中市は人口約40万人の大阪第4の都市で、北西部には大阪国際空港があります。また、市内には高級住宅街があり、大阪マダムがたくさん住んでいるところです。「お好み焼き」より「PIZZA」、「うどん」より「スパゲッチィ」がよく似合うお洒落な街です。豊中市はあまり知られていませんが、高校野球・高校サッカー・高校ラグビー・高校アメフトの発祥地でもあります(豊中市のホームページより)。
テイコク薬店千里中央店様は、北大阪急行電鉄と大阪モノレールの千里中央駅のせんちゅうパルという商業施設の1階で営業をされています。お店の名前のとおりで、まったく新しい「美容と健康に特化したお悩み解決型のお店」として展開しておられ、きめの細かい接客を武器に展開をされています。
テイコク製薬社様の日専同入会のきっかけは、レオピンの良さを知り、お客様の健康増進のために、レオピンを紹介したいと思っていたところ、当時の近畿第一連合会長・八賀一平先生(現副会長)にご尽力いただけたことが大変大きかったとお聞きしました。そして、平成16(2004)年に日専同への入会が叶ったそうです。
実績は、平成17年にゴールド会員になり、3店舗ですが、16年間連続ゴールド会員です。地域のお客様の健康増進を目指して日々の日専同活動をしておられます。そのテイコク製薬社様の旗艦店となるのが千里中央店様です。
店舗に潜入してはじめに感じたことは、美容と健康を意識させられるような店舗レイアウトと商品の配置・陳列です。人生100年を楽しく美しく豊かに暮らすための提案が至る所に散りばめられています。
その一例が、写真にある提案型のヘルスツリーによるレオピン紹介コーナーや後鼻漏コーナーなどです。3店舗の総括責任者である部長の和田明宏先生、マネージャーの東本潤也先生、店長の吉田直人先生が主になり、薬剤師の大村京子先生、ビューティースタッフの熊崎幸子先生、豊島ひとみ先生、大山京子先生の7名体制で運営されておられます。
和田明宏先生は、近一連の副連合会長であり、実績統括部長として近一連をグイグイと引っ張っていく中心的存在としてもご活躍をいただいております。
和田明宏先生は、テイコク製薬社においても執行役員・OTC事業部長として会社をけん引しておられますが、店舗においてもスタッフの皆さんと上手にコミュニケーションをとられ、やる気・勇気(言う気)・根気を高め、モチベーションを上げられるように工夫をしておられます。スタッフの皆さんの笑顔がとても素敵な店舗です。お客様の相談に対して真摯に向き合い、適切なアドバイスをするだけでなく、元気と勇気と笑顔がもらえるドラッグタイプの相談型店舗を従業員の皆様と一丸になって目指しておられるとお伺いしました。
訪問時には、東本潤也先生が「雨の日は自律神経が乱れやすいので片頭痛などにもご注意を、規則正しい生活が一番ですが腸内環境を整えることも自律神経を整える近道です」と紹介をしておられました。
私の帰り際にはレオピンの新規が取れたからと、ワクナガメンバーズカード会員登録申し込みはがきをポストに投函に行かれました。まさに店舗が動いている中での訪問となり、ご迷惑をおかけしたかと思いますが、ライブ感満載の店舗訪問となりました。
お忙しいところを取材にお付き合いいただいた、和田明宏先生をはじめスタッフの皆様には大変お世話になりありがとうございました。

  • 社名(株)テイコク製薬社
  • 店名Beauty&Wellness テイコク薬店千里 中央店
  • 店舗責任者和田明宏先生
  • 所在地560-0082 大阪府豊中市新千里東町1 −3せんちゅうパル1階
  • 電話06(6832)7540
  • FAX06(6832)7540
  • 創業1972年
  • 商品構成医薬品 30% 健康食品 12% 化粧品 45% 医療衛生 10% 日用品 3%
  • 平均客数200名
  • 定休日なし
  • 営業時間10時~20時
  • 店舗面積45坪
  • 従事者和田明宏先生 東本潤也先生 吉田直人先生 大村京子先生 熊崎幸子先生 豊島ひとみ先生 大山京子先生

記者/上羽 敏明(近一連情報部長)

トキワ元氣堂 2022年8月号(No543)

トキワ元氣堂

全国の先生方にお店紹介をするにあたり、今まで中部で紹介されていない先生を思い返すと、あら?大鹿先生のお店がまだでは。
日専同歴の長い部会長にお伺いすると、前の店舗の時に紹介されていたということで、これは今の大鹿先生のお店を紹介したいと思い、トキワ元氣堂さんに出向かせていただきました。
先生のお店は、私のお店がある名古屋の下町風の南の方とは違い、おしゃれなイメージの街、SNSなどで紹介されているお店の多くが集まっている辺りにあります。お邪魔した当日も、大通りを挟みかわいらしいお店がオープンしていました。帰りに寄ってみようと思っていたのですが、後日インスタグラムに紹介されているのを見て、忘れて帰ってきたことに気づきました。それだけ先生のお店にお邪魔させていただき、氣持ちいっぱいになっていました。
【お店の様子】
先生のお店は、一面ガラス張りで、お店の中の様子が外からよくわかります。と同じだけ、先生からも外が見えるので、私に氣づいていただけ、お出迎えしていただきました。恐縮です……。
お店は、入口から全体が把握できるほどの広さで、入口左側に医薬品やプレビジョンなどサプリメント、右側はテーブルがあり、座って話をしていかれるお客様が多いことが推測できます。毎年必ずレオピン販売本数トップクラスの表彰を受けられる先生なので、四方を囲われた相談ルームや、壁一面のレオピンなど、いろいろ想像を巡らせていましたが、とてもオープンで、開放感ある明るいお店、お店を拝見しただけでは、先生の〝すごさ要素〟を見つけることはできません。
毎月5冊以上の本を読まれる先生の横には本の山がいくつもあり、こんなに積まれていては、どこにどの本があるのかわかるのだろうか、と思うほど。
去年の中部の秋ゼミで先生にご講演いただいた時、先生の弟子にあたる田代先生に伝えられたという「克己」も、『あすなろ物語』という本からでした。
【先生の接客】
一日の客数は少ないよ~とおっしゃっていましたが、私が訪問中、3名の方が来店され、外へ出るタイミングを逃した私は、ラッキーにも、先生の接客を生で拝見できてしまいました。
どのお客様に対しても寄り添われた柔らかい接客に、お客様が安心してみえると感じます。私たちにご指導いただく時のような押し迫る熱い情熱というよりも、上質な毛布に包み込むような温かで穏やかな先生でした。
先生の接客は、問診を取らない、メモも取らない、すべて頭に入れる、メモを取っていたら頭に入らない、一度来店したお客様は覚えてしまう。だから何年かぶりにみえたお客様でも覚えている。職業、家族のこともこちらからは聞かない、先入観を持ってしまうから。先生の観察眼は鋭く、一瞬で人を見抜く訓練をしなさいとご教授いただきました。
レオピンの服薬指導は、レオピンロイヤル。あれこれと話さず、お茶と一緒に出す。10回ほど服薬指導を続けてようやく買っていかれる方もある。
全身全霊をかけた接客、だから、若い頃はエネルギーチャージルームがあったと、昨年秋ゼミでご講演された田代先生がおっしゃっていました。
今は、お客様からもらった悪い氣を流すことができる、それにレオピン他、自分の健康のためへの投資は惜しまない。そんな先生の接客に、初めての来店以降、20年来店されず送りでのロイヤルカスタマーの方も多いそう。最初が肝心、魂をかけた接客です。
【お店の歴史】
最初の店舗の開局は昭和49年の第二次ベビーブーム後期、紙おむつが発売され、粉ミルクや離乳食の需要も高まり始めた頃、お店の前、歩道にまでも積み上げられた雑貨類、どれだけ積み上げても売れてしまった時代、いつの間にか懐かしくなった昭和時代のことです。
それから14年後の昭和最後の年に、お店を新しく建て替えられ、翌年の平成元年の『恵気素』の薬局訪問記に先生のお店が紹介されています。今までの経験を活かされたお店づくりがされており、相談コーナーやサロンスペース、そして時代のニーズに応えたドリンク剤コーナー(当時の『恵気素』より)、現在の日専同の先生方のお店が30年以上前にありました。
平成14年、今のお店をつくられました。前のお店が52坪、今のお店は11坪と5分の1ほど、先生が自信を持って勧められる商品だけを置き、長くお客様の健康を最優先に考えられた先生の集大成のようです。
【変わらないもの】
お店の形は驚くほどに変わりましたが、先生の変わらない使命感、それは、幼い頃から体が弱く死を意識した経験から。そしてなんといっても、レオピンと出会ったから‼ その使命感を貫くために、己に負けない、自分自身が元氣でいる、そのためには、毎日の健康法を守っておられます。
【先生方へ伝えたいこと】
先生の使命感は、お店の中にとどまらず。それは、質問の「レオピンの次に好きなものは何ですか?」の答えからも分かります。答えは“講演”。それは、みんなに元氣になってもらいたいから。日専同の先生方にも元氣でいてほしい、とおっしゃっています。
先生は、お客様に対してもですが、「来るもの拒まず、去る者は追わず」で、学ぼうとする先生には真剣に向き合ってくださいます。そして、半世紀近くレオピン一筋、日専同を愛される先生のさらなる目標は、レオピンロイヤル100箱。レジェンドの先生が、まだまださらなる高みを目指されるお姿に、感銘を受けずにはいられません。

訪問させてくださり、長くご指導いただき、大鹿先生には感謝の氣持ちでいっぱいです。ありがとうございます。また、この記事をつくるにあたり、前任の杉浦先生、ヤングの先生方にご協力いただき、ありがとうございました。

  • 店名トキワ元氣堂
  • 代 表 者大鹿直樹先生
  • 所在地464−0807 愛知県名古屋市千種区東山通4丁目10-11
  • 電話052(782)2959
  • FAX052(782)2959
  • 創業2002年
  • 商品構成医薬品 70% 健康食品 20% 化粧品 10%
  • 平均客数5名
  • 定休日火曜
  • 営業時間9時~20時
  • 店舗面積11坪
  • 従事者大鹿直樹先生 大鹿幸子先生

記者/浅井美帆(中部連情報部長)

松島薬局 2022年7月号(No542)

松島薬局

今回紹介させていただくのは、今期から関東第三連合会の連長になられた松島三喜男先生のお店、松島薬局です。松島先生は前職パティシエという変わった経歴の持ち主でもあります。
お店のある埼玉県小川町は、埼玉県の中部に位置し東京から急行で約1時間、周囲を緑豊かな外秩父の山々に囲まれ、市街地の中央に槻川が流れます。小川和紙や小川絹をはじめ、建具、酒造などの伝統産業で古くから栄えた町です。
古くから起業家精神が盛んな土地としても知られ、東証一部上場のスーパー「ヤオコー」や、衣料品小売「しまむら」は、それぞれ小川町の八百屋「八百幸」「島村呉服店」が発端です。最近は町ぐるみで移住者受け入れに積極的で、若い人や新しいお店が増えつつあります。
最近リニューアルしたばかりの松島薬局は、黒地に木の質感を漂わせ、看板の文字には堂々とレオピンの文字が踊っています。店の入り口にはA看板がしっかり人目をひくようにおいてあり、通行人を店内へと誘います 今回は、松島先生の魅力を引き出すために対話形式で伝えたいと思います。

記  者 こんにちは、松島先生。今日はありがとうございます。早速ですがインタビューさせてください。まずは先生のお店の成り立ちを教えてください。
松島先生 はい、創業は明治の中頃、小川町の中では一番古い薬局として記録に残っています。僕が子供のころは、「ドラッグストア松島」でした。親父は先見の明があったのかな、ドラッグストアのない時代に貴金属とか洋服、食品も乾物やお菓子まで、このちっちゃい店の中でいろいろと扱っていました。面白いものがいっぱい薬局にあったっていう記憶が子供ながらにありました。
うちの親父という人は本当に話好きで。お店でお客さんと何時間も健康の話をしていました。学生時代はお店が閉まってまでもずーっと話しているのを見て、なんでこんなことやるんだろう、もう早く終わりにすればいいのにと、お客さんだってそんなに聞かされるの嫌じゃないかなと思っていました。でもね、お客さんも真剣で、本当に夜11時、12時ぐらいまで話しこんでいるんです。そういうの を見ながら、まあうちはそういう薬局なのかなって思っていました。
その後、この店を父が、駅前のヤオコーの中に開いた支店を母がやっていました。僕はそのころ帝国ホテルに勤務していましたが、父が病で倒れ、支店もヤオコー改装を機に閉店、父が亡くなった時に、家に戻ってきました。28歳くらいの時ですね。
何となく店番をしながら2~3年たったころ、休会扱いだった日専同からヤングに出てみないかと誘われ、顔を出してみたところ、それがすごく楽しく面白かったんです。前連長の齋藤先生や当時ヤング部長の後竹章広先生がいた時代で、「薬局的な考え」にとらわれない独自の考えを持つ人達に惹かれ、入会しました。
記  者 ヤングに入る方が先だったんですか?
松島先生 ヤングへの参加をきっかけに日専同に入会。その翌年にもう部会長。何もわからないまま引き受けた部会長でしたが、先輩方のおかげで部会長意識がどんどん芽生えてきました。結局、部会長4年、筆頭部会長4年と計8年やらせてもらえたというのが自分にとってはすごいプラスになったかな。
日専同に入って、本当に自分自身が変わりました。いろいろなことを教えてもらい、それを次につなげることで成長させてもらっているのがこの会なのかなと思います。
親父と一緒に店に立つことはなかったけれど、若い時、親父が見せていた背中の本気を教えてもらった気がします。
記  者 松島先生というと前職が特殊ですよね?
松島先生 帝国ホテルのケーキ職人、クレープを担当。まあ昔はパティシエなんて言葉はないからね。タキシード着てドアマンもやったからいろいろ経験してきました。
帝国ホテルで学んだことは、今の接客業にすごいプラスになっています。接客、話しかた、身なりなど。一番は「帝国ホテルは笑顔」っていつも言われていたこと。どんな時でも笑顔でと。
コロナ禍になって、客足が遠のいたりすると、人間だから当然ちょっと気持ちが傾いてくるよね。これはたぶんみんな同じ。そういう時こそ、ちょっとこう笑顔をつくると、気持ちも変わるしお店も変わるし、お客さんも変わってくると思うんです。だから今回、関東第三連合会のテーマは「レッツスマイル」。
帝国ホテルからいきなりこの業界へ入ってどうだったとよく聞かれるけれど、薬局で育つと健康にいいからといろいろな薬を飲まされてるでしょ。だからあまり違和感ないかな。レオピンを最初に飲んだのが高校一年生ぐらい。レオピンを飲み始めて40年近く。レオピンのいいところ、もちろん面倒くさいとか悪いところも含めて、やっぱり飲んでてよかったです。
たぶん湧永製薬を始めたころのこんな写真があるんです。湧永製薬の広島工場。真ん中にいるのが若いころの後竹利光先生。おそろいのジャケットを着た人たちがいるでしょ。当時、部会でジャケットを作って工場見学に行ったんですね。そこでゼミを開催したのかな。親父にとっては楽しかった思い出の一つだと思います。今じゃなかなかできないですよね。
記  者 改装というか外観を変えたんですよね。
松島先生 そうです、今回外側を綺麗にしました。以前は白だったんです、全体的にもう白っぽいイメージ。まあ薬局っていうとそういうイメージが強くあると思うけど、スタバみたいにしたかったんです。
今の若い人達っていうのは、見た目とかSNSなどで情報を得て店やものを探しているという時代。そこにアプローチをかけていかないとやっぱり取り残されてしまう。Z世代って言われる若い人から、年配の世代まで幅広い客層を掴んでいかないとね。だって人口は逆ピラミッド型なんだから。
人口減が止まらない小川町だけれど、今、若い移住者が多く来てくれています。テレビで取り上げられたりもしています。彼らと一緒に手を組んでYouTube作ったりして、けっこう広告宣伝になったりしています。
一人では難しかったSNSも、妻を巻き込んで一緒に始めたことによって、若い客層が少しずつ相談してくれるようになりました。改装にも気づいてくれて、綺麗になったねって言われると、やった甲斐があったかなって思います。
看板、ペンキの塗り替え、それだけでも全然違います。
うちにとっては新たな取り組みですね。不易と流行という言葉があるように、そこは流行の一つとして私たち日専同もSNSなどでの発信は取り組まなきゃいけないと僕は思うのね。そこに宝が落ちているんだから拾わなければもったいない。ひとりでは大変かもしれない、でも実際始めてみると必ずプラスになるのだから、みなさんに取り組んでいただけるよう、自分も発信していかなければと思っています。
記  者 これからの目標は?
松島先生 店内も改装し商品も集約、最終的には完全相談販売の店ですね。
いろいろな方にレオピンを飲んでもらいたいなっていうのは今も昔も変わっていない。レオピンって商品が、自分を作り上げてくれた薬だと思うから多くの人にも飲んでいただくためにどうしたらよいか、その方法を常に考えています。薬局の目標は、小川町の人達に「一家に一箱キヨーレオピン」。
連長としての目標は、先ほどの写真にあるように、関三のゼミを広島工場もしくは北海道農場でやりたい。
あとはいつまでも若い気持ちを忘れず、健康で長生きすることかなって思います。
みなさんに支えられて今こういう立場にいますから、僕にできることはしっかりやっていきたいです。
今期から関東第三連合会の連長になった松島三喜男先生。合言葉は「レッツ スマイル!」。
店頭には、お客様からもらった感謝の手紙が大事そうに展示してありました。取材中に来たお客様も「この間はありがとうございました」と笑顔で来られていて、しっかり地元の人と絆ができているなと思いました。
皆様に何時も良い笑顔で講演、講義をしてくれている、松島先生の魅力をわかっていただけたなら幸いです。
松島先生、お忙しい中、取材に時間を割いていただいて本当にありがとうございました。

  • 店名松島薬局
  • 代 表 者松島喜久夫先生
  • 所在地355-0328 埼玉県比企郡小川町大塚148−1
  • 電話0493(73)2827
  • FAX0493(73)0901
  • 創業明治中期頃
  • 商品構成医薬品 50% 調剤 25% 健康食品 20% 化粧品 5%
  • 平均客数20〜30名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間平日9時半~19時半、土曜9時半~19時
  • 店舗面積26坪
  • 従事者松島三喜男先生 浜松妙子先生 松島美乃先生

記者/一和多 健太郎(関三連情報部長)