日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

三笠薬局 2021年5月号(No528)

三笠薬局

コロナ禍のご時世の中、当店のある三笠市は札幌圏と思われ、どこのお店にお願いしても、店舗紹介の取材訪問はちょっと、と受けていただけません。また、今年の三笠市の冬はいつになく寒さと雪が厳しく(去年の5倍の降雪量!)、店と自宅の除雪に毎日3時間かかり、へとへとの日々。つまり、締め切りは近づくのにどこにも出かけることができない、という事態になってしまっていました。
そこで、苦肉の策というか禁じ手かもしれませんが、自分で自分の店の紹介をせざるを得なくなりました。どうかご了承のほどを。
三笠市は北海道で初めて良質の石炭が露出しているのを明治元年に発見されてから、炭鉱業で栄えていった地で、小樽−札幌−三笠と北海道で初めて鉄道がひかれた地でもあります。ご存知のように、国のエネルギー政策の石油転換もあり、現在炭鉱はすべて閉鎖され、最高6万人あった人口も9千人を切っている状況です。高齢化率も北海道では1、2を争う高さで40%を超えています。
三笠薬局は、先々代が炭鉱住宅ひしめく中で雑貨屋を始めたのが最初で、薬屋としては先代が薬種商として現在の地で薬舗を始めてから約60年がたとうとしています。
先代は先見の明がある人で、自分の子供二人とも薬剤師にして、院外処方になるかなり前から三笠市立病院横に土地を買い、建物を建てて、門前薬局の準備を怠りませんでした。
現在、元々の店を本店として、市立病院横の店舗が調剤専門店として2店体制です。
人口が最大の6万人を超えていた頃は、何でもありの薬舗として大変繁盛したそうで、昼休みを取る暇もなく、月の休みは2日だけだったそうです。
現在は、調剤でなんとかなっている状態で、OTC、化粧品が全く動かない日もあります。その中でも湧永製品はなんとかOTCの中で一番の売上を確保しています。

さて、私は転職組で、ご縁があって三笠薬局の娘さんと結婚したのをきっかけにこの世界に入りました。それまでは障害者施設の生活指導員をしていました。全くの畑違いの仕事をすることになって、前の職場の方からは、大丈夫なの? と言われましたが、実際に店頭に立ってみると、お客様・患者様とお話をすることは、福祉施設で利用者・保護者の方とお話をすることと根っこが同じで、それほど違和感がありませんでした。覚えることがいっぱいで、未だに漢方関係は弱いですが、それでも第1回の登録販売者試験になんとか合格できました。
現在は、高齢者が多い土地柄もあり、配達が非常に多くなってきています。コロナ禍での電話診療や大雪により外出ができないお年寄りの日用品の注文などで、ほぼ店にいない日もあります。
また、先代から続く市内の公共施設の備品の注文による配達(市立病院への漂白剤やトイレットペーパーなど)、老人施設から個人の注文や厨房からの経口食品などの配達はほぼ毎日の業務になります。
なので落ち着いてお客様に健康相談やレオピンのおすすめがなかなかできない悩みがあります。
日専同には、これも先代が早くからレオピンを扱っていて、40年前くらいから加入していたようです。私が店に入ってから部会に出るように言われ、出席してみて、ちょっと驚きました。
薬局の仕事をするときは、集団というか組織とは離れた個人の仕事になるなあと思っていたのですが、こんなにも仲間を大事にしてくれ、勉強させてくれる組織があるんだなあと思いました。
とにかく、レオピンの服薬指導とか推売とかがよくわからず、妻と土曜日、滝川市の長田薬局さん、札幌のハマヤ薬局さん、恵庭市の陽明堂さんの店舗訪問をさせていただいて、実際のやり方を見せていただき、店で服薬指導コーナーを作り、がむしゃらに服薬指導をおすすめしてみました。
思っていたよりも推売の数が上がり、レオピンのすごさを感じました。
連合会では部会再編で部会長を拝命し、10年間部会長をした後、情報部長として活動させていただいています。
コロナ禍、高齢化地域という中で、日専同流健康指導、基礎薬としてのレオピンの需要はますます必要とされるべきです。
まだまだ力不足で、三笠市の住民の方々に十分に需要を掘り起こしできていませんが、焦らず地道に訴えていくしかないのだろうな、とも思っています。
いくら厳しく大変な冬も3月の声が聞こえてくると厳しさが緩んで春の気配が出てきました。明日を信じて頑張っていくのみです。

  • 店名三笠薬局
  • 代 表 者清水知行先生
  • 所在地068−2152 北海道三笠市多賀町21
  • 電話01267(2)2350
  • FAX01267(3)2233
  • 創業1965年
  • 商品構成調剤 40% OTC 30% 化粧品 15% 日用品 15%
  • 平均客数15名
  • 定休日日曜・祭日
  • 営業時間8時半~18時半(土曜は18時まで)
  • 店舗面積35m2
  • 従事者山田民子先生 山田倫生先生

記者/山田倫生(北海道連情報部長)

くすりの十全堂 2021年4月号(No527)

くすりの十全堂

今回のお店探訪は関東第一連合会東京第一部会より、JR日暮里の商業ビル一階に店舗がありますくすりの十全堂さんです。
「日暮里」の地名は、一説によると江戸時代から伝わる「日暮しの里」に由来すると言われています。風光明媚で、料亭などもあって昼日中から三味線の音が絶えず、一日中遊んでいても飽きることがない、朝から日暮れまで退屈しないといわれたのが地名の由来です。店舗は、北改札口そばに位置しています。寺町の風情と谷中霊園とがあって閑静な雰囲気を醸し出しています。
お店のキャッチフレーズは「日暮里の相談できるくすり屋さん」として、生活者のための良き応援団としてのコンセプトがあります。店主の鈴木裕人先生は野球が大好きで、西武ファン。お休みには少年野球のコーチをしている熱血先生です。日専同入会は2006年、翌年ヤングライオンズ部に入会しました。現在、関東第一連合会東京第一部会に所属し、部会では企画を担当しています。部会では毎回、「鈴木裕人講義」があり研鑽しています。
お客様はサラリーマンから高齢者まで幅広いですが、敢えて言えばバリバリのサラリーマンが多いそうです。日暮里には繊維街があり、そちらに来た方も寄られるようです。レオピンのボトルキープのお客様もたくさんいらっしゃいます。
お店の商品構成では湧永製品は勿論、イスクラ産業の漢方薬、健康食品がお店の主力商品となっています。お客様からの相談をしっかり伺い、しっかり応え、ともに改善していく姿が印象的です。店内には相談コーナーと測定コーナーがあり、「血流測定」「毛細血管観察」を定期的に行い、生活者の健康管理に貢献しています。まさに日専同流健康指導です。関東第一連合会が目指している神4バイブルの先導者となる先生です。
34歳の若さでヤングライオンズ部の中心的存在でもあり、リーダーシップも発揮されております。時代の流れにも敏感に反応し、部会内連絡網には毎日のレオピン推売の報告、パパ店長くすりの日記のブログ、Twitterの活用と幅広く発信しています。まさに知らせる活動の有効打になっています。奥様の担当があり、POP、ブラックボード、DMを幅広く時節にあったタイムリーな企画をしています。
鈴木先生ご自身は心配症な性格ですとおっしゃっていますが、私はそう感じたことはありません。お客様には来店していただいて、元気で帰っていただくことを目標にしています。昨年のコロナ禍でZoomを用いての研修、研鑽が続いています。新たな販売方法や研鑽の方法の中で、日専同の考え方は勿論ですが、広く研鑽の場を自分自身で見つけ出していきたい、Twitterを使って広く情報発信を毎日続けていきたい、自分の店の得意なことを見ていただきフォローしていただきたい、今日は何の日から始まり健康情報を発信していくなど、新たな店づくりを考えています。
ホームページの更新作業も大変ですが、奥様が更新されています。新しくノートパソコンを購入して、Twitter、ホームページ作製、血流測定データなど、まさにデジタルトランスフォーメーションの20年代が最大のテーマだと考えているようです。しばらくは日専同の活動もネット配信等が続くと思いますが、組織の力を信じて活動していきたいとおっしゃっています。
特に印象深いお話は、お客様の来店は月数回ですが、そこを埋める手立てとして、Twitterを利用されていることです。そうするとお客様の中でフォローしていただけるので、それがお店の信頼につながっていきます。いかにお客様とつながることが大切かを考え、それがお店の経営ともリンクすると日夜考えています。これが子々孫々と継承する原点なのかもしれません。
お休みの日のお話になり、お子様の野球のコーチをしたり、野球大会の観戦など、笑顔でお話しいただきました。お子様たちにとっても良き父親像が見て取れます。私の年齢になっても鈴木先生から学ぶ気をいただきました。快くお話しいただき、すがすがしい気持ちで収材を終えることができました。鈴木先生、ありがとうございました。

  • 店名くすりの十全堂
  • 代表者鈴木裕人先生
  • 所在地〒116−0013 東京都荒川区西日暮里2−25−1 ステーションガーデンタワー109
  • 電話03(5875)1365
  • FAX03(3803)30168
  • 創業昭和33年5月
  • 商品構成医薬品 85% 介護用品 10% 日用品 5%
  • 平均客数20名
  • 定休日 日曜・祝日・年始
  • 営業時間10時~20時
  • 店舗面積17坪
  • 従事者鈴木裕人先生 鈴木早織先生

記者/川又靖則(関一連情報部長)

くすりのみつわ 2021年3月号(No526)

くすりのみつわ

今回、関東第三連合会から紹介させていただく店舗は、埼玉県草加市の「くすりのみつわ」さんです。
草加市は埼玉県南東部に位置し、東京と隣接、都心まで約15㎞という立地にありながら宿場町の面影を残す町です。その中心、草加駅から徒歩3分ほどの古い商店街にお店があります。姉妹で親元から独立して21年。お父様は第四代日専同会長・後竹利光先生です。お母様の和子先生のお店で働いていた経験をもつ従業員さんも、開店当時から一緒に頑張っています。
お姉様の美奈子先生の作る販促チラシはプロ顔負け、関三連主催の全国大会では音響映像テクニカル担当として大活躍でした。妹様の由紀子先生は、愛嬌よく親しみやすさ抜群です。ご両親の働く姿を見て育ったおふたりの身体はレオピンでできているといっても過言ではありません。子供の頃、「こんな小さな子も服用しているんですよ」と店頭でレオピンを服用するというパフォーマンス(?)をしていたというエピソードは連合会の中でも有名です。

取材に訪れた日は、由紀子先生が対応してくれました。開業した当時は、ダイエット商品がブームで、その指導が多かったそうです。丁寧な指導でお客様を増やし、その後の健康管理にとグリーン末やレオピンへと切りかえながら今に至ります。
さて、お店にはいると3歩でレジ前に、5歩で後鼻漏の陳列、お店の奥まですぐ突き当たります。レジの後ろのスペースに並ぶ商品のほとんどは湧永製薬の商品。レジの前には直径45㎝ほどの丸テーブル一つ。驚くほどの狭さ(想像していた店と全然違う)。そこへ常連さんがレオピンを飲みに集います。出てくるレオピンに生姜湯か昆布茶、そして、その時の症状に応じてもう一種類をおすすめします(私の時はエナックW)。出勤途中に声をかけながら通る人がいたり、散歩中のワンちゃんがお店の中にいる由紀子先生に飛びついてきます。由紀子先生も接客しながら外を歩く人に挨拶しています。まるで店頭の道路も含めてお店のようです。
「狭いし内緒話も何もない。お客様同士も自然に仲良くなっちゃうのよ。処方箋をやめてから込み入った話も少なくて丁度いいのかもね」と話されます。
今年はレオピン新規推売でめきめきと実力を発揮し、新レブメントFN、また乳酸菌カテキンの販売も群を抜き注目を浴びています。
「乳酸菌カテキンで頑張ろうって決めたら、担当セールスさんが絵を描いてきてくれたの。それに合わせて陳列を作り部会で勉強、お客様ほとんど全員に飲んでもらったのよ。そうすると自然にお客様自身から反応が聴けるようになって、思いがけない効果があることに気づかされたのよ。毎朝便がつるっと出て一日が気持ちよく過ごせることがいかに大切か。便とは関係ないと思うような症状が取れちゃったりすることもある。腸内環境の大切さを改めて知った一年だったわ。
お客様からいただく情報が一番の知識。それを次の人に伝える。そういう接客が多いかもしれない。商品が少ないから迷うこともないし、レオピンで相当のものが治ってしまうから腕は上がらない」と笑って話されます。けっ放し。看板を見ている人とも目が合っちゃうために無視もできず、かえって声がかけやすくなったそうです。マスクやアルコールを探し回っている人たちに「ありません」と返してしまったらそれは日専同じゃない。せめて「今日の元気を飲んでいってね」とみんなにレオピンの服薬指導を受けてもらったそうです。
「担当セールスさんからの毎日のFA Xや、部会SNSで情報を共有することによって、刺激しあえて勉強になった。毎日誰かが頑張っていることを“見える化”したことで自分自身ももう一歩踏み込む接客ができるようになったと思う。見ていてくれる人、ほめてくれる人がいるって本当に大事よ」と話されますが、実は部会のラインで一番みんなをほめてくれるのは由紀子先生です。そのおかげか今年は所属する部会もとても伸びています。
「父が“同じ釜の飯を食べる”と昔からよく話しているでしょ。今でもそう。子供のころはセールスさんとキャッチボールしたこともあるのよ。仲良くなれば頑張らなくっちゃっていう気持ちになるじゃない」
今は連合会の垣根も超えてSNSで日々情報交換をしているそうです。
「個人店は毎日の刺激も少ない。でも、同じ綱領を掲げる仲間がいて、誰かが自分の代わりに人助けしている日もある、みんなが頑張ることでレオピンを飲む人が増え、地域の人を健康にできたらそれはとてもうれしいことだと思う。将来どうなっていくかわからないけれど、父がいいと思って今までやってきていることを私は継いでいきたいと思っている」
「来年はどうする? 特肝錠を頑張ってみる? まず私が健康診断いかなきゃ。きっと脂肪肝だわ」担当セールスと楽しそうに話しています。
レオピンが大好きで、日専同が大好きで、お父様・お母様・家族、そして仲間が大好きな由紀子先生。お客様も担当セールスさんも巻き込んで、地域の人の憩いの場となっている、毎日がとても楽しそうなお店でした。

  • 店名くすりのみつわ
  • 代表者田村美奈子先生
  • 所在地340−0014 埼玉県草加市住吉1−4−3
  • 電話048(925)5599
  • FAX048(925)8583
  • 創業01995年
  • 商品構成医薬品80% 健康食品5% 化粧品10% 日用雑貨5%
  • 平均客数20~30名
  • 定休日日曜・祭日
  • 営業時間10時~19時
  • 店舗面積8.7坪
  • 従事者田村美奈子先生 後竹由紀子先生 村上美喜子先生

記者/藤本 博(関三連情報部長)