日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子
  • 日時:令和元年9月22日(日)~23日(月)
  • 場所:博多 リファレンス駅東ビル貸会議室 
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 相談役  松田正信先生
  • 近畿第三連合会 筆頭副連長 吉田恵里子先生

コメント 講師の講演とディスカッションで、これから目指す所も明確になりました。年間達成!!

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

(有)サムロドラッグ

自然薬房きくち薬局

今回は千葉県浦安市にある東関東連合会千葉第一部会のミスター綱領こと鈴木栄幸先生の店舗、サムロドラッグさんに伺いました。(ミスター綱領の所以は、綱領唱和時の声が大きくて、とにかく素晴らしいのです!!)
皆さん、浦安といえば何を思い浮かべるでしょうか。ご想像の通り、一番はディズニーランドが有名ですね。ディズニーランド周辺にはリゾートホテルなども多く 建設され、日本を代表するアーバンリゾートゾーンです。浦安市は人口約17万人で、元町と呼ばれる昔からの地域と、マンションなどが立ち並ぶ埋め立て地域に分かれます。昔は三方を海と川に囲まれた「陸の孤島」と呼ばれていたそうですが、埋め立てなどの都市開発が盛んに進められ、今ではマンションが立ち並び、都心にも近く、住みたい街として上位に名前が挙 がるほど新たな街として発展してきました。
そんな浦安で育った鈴木先生は、東関連では千葉第一部会長として、今期からは筆頭部会長にもなられ、連合会内でも益々の活躍が期待されています。そして、今回ご紹介する鈴木先生の店舗は二〇一九年九月にリニューアルオープンしたばかりの移転ホヤホヤの新店舗なのです!!
場所は新浦安駅前にあるイオン新浦安店の1Fインショップになります。以前も同じイオン内のインショップでしたが、移転リニューアル後は駅前ロータリー側に面し、駅からもよく見えて、たまにバスやお迎え待ちの方が店内でお待ちになるなんてこともあるそうです。
店内は木を基調として、自然のぬくもりが感じられ、明るく広々としてとても清潔感のある綺麗な店舗でした。商品陳列のポイントを尋ねると、以前は柱などがあり売り場スペースが狭く、商品展開をするのもなかなか難しい状態だったので、今回スペースが広くなったことで、陳列した商品をゆったりとお客様に見てもらうことができるようになり、先生自身も求めているお店にすることができて大満足とのことでした。
商品構成は、必要な医薬品はもちろんのこと、漢方薬、薬膳茶、健康食品など、健康意識が高い方にも目を引く陳列が随所にありました。他にも立派な酸素ルームや光ホルミシスルームなども完備され、それを目当てで来店される方も多いそうです。

今回リニューアルした場所は、移転前と比べるとイオン内のお客様の動線から少し外れた場所と伺いましたが、取材中もお客様がコンスタントに来店され、一人一人に向き合いながら接客している雰囲気は、先生の優しい人柄も相まって、安心して相談ができる感じでとてもよい雰囲気でした。そして、隣接しているイオンのヘルスショップと比べても、より専門性に特化した品揃えで、住み分けがしっかりできている印象でした。
以前はイオンのヘルスショップが通路を挟んで目の前のため、どうしても集客が気になってしまい精神衛生上あまり良くなかったそうなのですが、移転のおかげで人の動きが見えづらくなり、メンタル的にも穏やかに過ごせていますと笑顔でお答えの鈴木先生。この甘いマスクで浦安マダムはいちころです。
サムロドラッグさんの創業は、祖父の代からで約百年!! 鈴木先生で三代目となります。お父様の代の時は市内の別の所で薬局を営業されていましたが、平成二年に今のイオンモール(当時はダイエー)に移転され、移転を機に鈴木先生もお店に立つようになり、今はお父様から引き継いだ形で日々店頭活動をされています。日専同入会は一九七一年一月で、先生自身小さい頃からレオピンに慣れ親しんで育ってきたそうです。
そして、先生がお店に立ち始めた当時の話では、お父様から代わって日専同行事に参加するも、最初の頃はレオピンをどう扱えばよいか迷うことも多かったけれど、湧永製薬の社員さん、部会の先生方の手厚いサポートのおかげで良いものを扱えている自信と、頑張る気持ちを持てたと感謝の気持ちを述べていました。
今回のリニューアルオープンの時も千葉第一部会主催で健康セミナーを店内で開催してくれて大盛り上がりだったと聞いています。部会員の絆が素晴らしいですね!!
スタッフは先生含め二名で年中無休の店舗を切り盛りしているので、ご多忙は想像の通りです。そんな中、今回取材を快諾していただきありがとうございました。これからも先生の優しい笑顔でどんどんお客様を癒してあげてください。
取材当日は春のような暖かさで、海沿いの風がとても気持ちよかったです。ディズニーランドに行った際はぜひ、先生のお店まで足を延ばしてみてはいかがでしょう。きっと素晴らしい笑顔で迎えてくれると思います。

  • 店名(有)サムロドラッグ
  • 代表者鈴木栄幸先生
  • 所在地〒279−0012 千葉県浦安市入船1−4−1イオン新浦安店1F
  • 電話047(381)2171
  • FAX047(381)2196
  • 創業1920年
  • 商品構成医薬品20% 漢方薬40% 健康食品40%
  • 平均客数30名
  • 定休日なし
  • 営業時間9時~21時
  • 店舗面積26坪
  • 従事者鈴木栄幸先生 桂光江先生

記者/青木秀一(東関連情報部長)

自然薬房きくち薬局

自然薬房きくち薬局

2011(平成23)年3月11日(金)14時46分18秒に発生した東日本大震災に引き続き発生した福島第一原子力発電所の爆発によって、生まれ育った土地から避難、閉店せざるをえなかった同志のお店があったことを覚えているかと思います。
福島県富岡町で開局していた菊地薬局の菊地成一先生は、強制避難で故郷を離れて以来、約9年の歳月を経て、今年2月、新天地で念願の店舗を開局するに至りました。
避難先の埼玉へ真っ先にお見舞に来てくださった、湧永寛仁社長と日専同役員の先生方に感動し、全国の同志からの熱い応援には、会の優しさや思いやりを改めて感じ勇気づけられたそうです。「どん底の中で一筋の光をみつけ、もう一度地域の皆さんの役に立て
るくすりやを創ろう」と決心し、2017年第23回全国大会の担当連合会タイムにて、「新天地にてお店を開局する」と宣言するに至りました。
東京の避難先で、大学同期が経営している調剤薬局に4年勤務、その後、故郷富岡町から50㎞ほど離れた福島県いわき市に住居を構え、テナントを借りて営業されてきました。この間は郷里の富岡町の住民の皆さんが来店してくださったものの、新しいお客様をつくるのは大変だったとのことです。そして今回、住居の前に夫婦の思いを込めた新店舗を創り上げました。
出来上がった店舗は、淡い色の外壁に三角屋根、南仏を思わせるその作りはおとぎ話に出てきそうな建物です。
店内は天井が吹き抜けになっており、のびのびとした空間をつくっています。調剤室、エステルーム、相談コーナー。そして多目的に使える10畳ほどのスペースにはカウンターキッチンが付いていて、カフェのようなおもてなしも可能です。大きなガラス扉を開けると広々としたテラス、まるでオープンカフェです。いろいろな催しができそうで、一緒に企画を考えたくなります。テーブルを置いてワインを飲めるような企画もしたいとのこと。菊地先生ご夫婦の出会いもワインがきっかけと伺っていましたので、お店でワインパーティーもお似合いでしょう。

今後、新しいお店をどのように経営されていきたいか伺ったところ、「これまで“元気になってありがとう、健康になってありがとう”でやってきたが、それ以上にお客様が“この店に来たらほのぼのとなった、ここで出会った友達が人生の中で大切で、かけがえの無い友達となった、ここで友達とつながった”“これまで知らなかったような日常の生活を楽しくさせる知恵をもらい、その知恵や文化を自分の家で花開いて、家族が仲良し、家族が健康、家族の幸せになった”と言われるようなお店にしたい」
と話されました。売れているお店は、声掛け、言葉選び、言葉遣いなど、やっぱり違うと感じていて、どうしても自分は、薬剤師として上から目線で納得させるように話しているような気がしていたそうです。細かい説明をすることでなく、笑顔で帰ってもらうことを大切に接客していきたいとのことです。
大学時代の同級であり、卒論研究室も一緒に過ごした菊地先生が、還暦を越えてから新店舗を構え、地域の健康と元気に加えて、素晴らしい人生を提供するという目標をもって汗水流していることに頭が下がる思いです。ぜひ、たくさんの出会いと素晴らしい人生をつくってあげて下さい。
余談ですが、菊地先生の次男君は、震災の中でも埼玉へ避難せず、家族とはなれていわき市に残り、県立磐城高校野球部で夢の甲子園を目指したそうです。しかしながら、無念の1回戦敗退。人生は厳し~。あれから9年。その野球部が今春21世紀枠で念願の甲子園出場を決めたそうです。念ずれば花開く。声枯れるまで、精いっぱい応援すると言っていました。
ちょっとホッコリした話題で締めくくらせていただきます。

  • 店名自然薬房きくち薬局
  • 代表者菊地成一先生
  • 所在地〒973-8402 福島県いわき市内郷御廏町4-109
  • 電話0246(68)8764
  • FAX0246(68)8764
  • 創業明治15年
  • 商品構成医薬品40% 化粧品20% サプリメント30% 暮らし楽しませ雑貨10%
  • 平均客数10名(目標)
  • 定休日日曜・祝日 1月2~3日
  • 営業時間10時~18時 土曜10時~15時
  • 店舗面積86・95㎡
  • 従事者菊地成一先生 菊地由美子先生

記者/藤本博(関三連情報部長)

光栄堂薬局

光栄堂薬局

今回、関東第二連合会が紹介させていただく店舗は、横浜市金沢区金沢八景で開業されている光栄堂薬局様です。
金沢区は横浜の最南端に位置し、逗子や鎌倉などに隣接、都会と自然が調和したまさしく「八景」という名前に相応しい風光明媚な街です。また、近くには複合レジャー施設八景島シーパラダイスがあり、白イルカや謎の黄色い生き物シーパラシー太君目当てに訪れる多くの観光客の方々の玄関口となっています。
千葉の方のネズミやアヒルやら雪女がいる国よりはるかに楽しいっすよ!
ハイ!東関を敵に回しましたとぉ!!
そんな金沢八景で開局されている光栄堂薬局様は、創業がなんと昭和十四年!現店主の堀川壽代先生の祖母にあたる光子先生のご主人・栄様が、なんとプレゼントしてくださったというではありませんか!なんとまあ、いいお話じゃないですか~!
東出・杏ご夫婦および自社ビルをうん千万円で購入した福島勇二先生に聞かせてあげたい話じゃあ~りませんこと?奥さまぁ?
で、勘のいい方なら既にお気づきかと思いますが、「光栄堂」の名はご夫婦それぞれの「光」と「栄」から名づけられたものだったんですよ。
ちなみになぜ「栄光堂」にならなかったかは、堀川家が女系家族だったため、奥様の名前が上に来るのが必然だったそうです……(笑)。

そんな素敵な光栄堂薬局様は、日専同創設以前からの会員店で、医薬品の販売はもちろん、調剤は面で受けられて、化粧品も充実しているという、まさにパーフェクトな薬局。
壽代先生のお父様に当たる忠康先生は、関二連の重鎮として数々の要職を歴任され、新人教育においては若かりし頃の歴代連長を育てあげたといっても過言ではございません。また、店頭に置かれましても様々な店内装飾やパンフレットを自ら作られて、日専同流健康指導を行ってこられました。今でも店頭には忠康先生の作られた「ぢ」の資料等が飾られています。
奥様の澄子先生は、持ち前の明るいキャラクターでお店の太陽であり、また美味しいモノに鼻が利くことで有名です。日専同においても長年女性部長を務められ、会に多大な貢献をされてこられました。現在はご令嬢の壽代先生がメインではありますが、お二人ともまだまだ現役でバリバリ相談、調剤をこなしておられます。
その壽代先生ですが、これまたお二人の血を受け継ぎ日専同流健康指導のみならず、薬剤師会でも重責を担っており、個別指導では仏の壽代と鬼の壽代を硬軟使い分け、神奈川の一部会員様も洗礼を受けて改心、殉死されています。ね?新浪先生!
また、相談においては百万ドルの笑顔を武器に、おやじキラー、変態磁石の異名をとっており、さらに人のみならず、白イルカやペリカンから求愛されるという、生物学の垣根を越えた母性愛を持ち合わせた女性です。
昨年、駅前再開発に伴って建て直された店舗が完成して、金沢八景のランドマーク!神に近づくためのバベルの塔として駅前に鎮座ましまして、天気のいい日は屋上でBBQができるシャレオツなビルでやんす。
日専同の保守本流である地域密着型の薬局を実践されており、地元の方々、医療関係者からの信頼も厚く、今後もお三人プラス、スタッフの皆さんで日専同のみならず、薬局の規範になられること間違いなしです。
光栄堂薬局に光あれ!栄あれ!
おあとがよろしいようで……。

  • 店名光栄堂薬局
  • 代表者堀川壽代先生
  • 所在地〒236-0027 神奈川県横浜市金沢区瀬戸16-1
  • 電話045(701)9055
  • FAX045(782)5522
  • 創業1939年
  • 商品構成調剤55% 医薬品20% 健康食品10% 化粧品8% 雑貨7%
  • 平均客数80名
  • 定休日日曜・祝祭日 1月2~3日
  • 営業時間〈月・火・水・金〉9時~19時〈木・土〉9時~18時
  • 店舗面積26坪
  • 従事者堀川忠康先生 堀川澄子先生 市川久美子先生 他

記者/中村利彦(関二連情報部長)