日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

スルガヤ薬局 2021年7月号(No530)

スルガヤ薬局

今回の日専同お店探訪記は、東関東連合会茨城部会長を9期18年務めている、おそらく日専同で最長の部会長経験者であり、そして未だ現役部会長でもある山口直先生のお店のご紹介です。
先生のお店は茨城県那珂市にあり、創業は昭和7年。おじいさまがこの地に薬店を開き、長年街の薬局として那珂市の健康を支え続けてきました。以前は駅前の商店街に立地していましたが、平成11(1999)年に現在の場所に移動し、お父様、お母様、妹様、スタッフの皆様と店頭に立ち、日々地域の皆様の健康に奉仕しています。
日専同以外でも地域の薬剤師会では研修担当、災害担当理事を務め、また茨城県薬剤師会でも学術研修委員をされ、学校薬剤師として三校担当するなどと多忙な日々を過ごされています。
薬剤師会の災害担当理事でのお仕事をひとつご紹介します。
那珂市では安定ヨウ素の管理が薬剤師会の仕事の一つなのですが、なぜだかわかりますか? そうです、お隣の東海村には原子力研究開発機構があり、以前、臨界事故を起こした経緯から「原子力災害対策指針」に基づきヨウ素の管理が任されているのです。余談ですが、臨界事故当時、先生は事故現場の近くのラーメン屋さんで食事をしていたそうです。
話をお店に戻します。
店内は漢方薬、OTC医薬品はもちろんのこと、薬局製剤や、食品、生活雑貨、介護用品など幅広く取り揃えており、棚いっぱいに陳列された様子は薬局のドン・キホーテさながらのワクワクする商品構成です。
商品陳列のポイントを先生にお尋ねすると、「来てくれる人をワクワクさせる。不易流行を重んじ、大切なことは一貫するが、伝え方は時流に応じる」とのことでした。
店内のいたるところに様々な陳列ポップや、アイキャッチになる仕掛けがたくさんあり、まさに先生の思惑通りで、取材に来ながら店頭でワクワクしてしまいました。また、店頭にはたくさんの本が陳列されていて、処方箋の待ち時間などに皆さん手にして読んでいるとのことでした。特に人気の本は海が近いこともあり、釣りの本を手にする方が多いそうです。そして、接客では「親切、丁寧、迅速、典雅」を心掛け、実際に取材当日はお昼前の時間でしたが、次々とお客様が来店され、お客様の体調や家族構成などを把握した接客、服薬指導は、まさに地域に根付いた薬局として機能していて、お客様との深い関係性が、こっそり接客内容を聞いている私にもバシバシ伝わってきました。
先生は、以前「えきすの部屋」での投稿でご存知の先生もいるかもしれませんが、釣りや写真、昆虫飼育、水生動物飼育等々、多趣味な面をお持ちです。取材時にここ最近の趣味をお聞きしたところ、コロナの影響もあって、最近は料理や家庭菜園、観葉植物などに興味があるとのこと。確かにFacebookではよく美味しそうな料理がUPされています! お店の横にはたくさんの植物が植えら れていて、先生のこだわりかつ癒しの空間となっていました。もちろん亀やタウナギ、グッピー、クワガタなどもしっかり飼育されていました。残念ながら今回の取材では貴重なタガメはいなかったです。
最後に茨城部会長としての思い出を聞いてみると、部会で旅行へ行って美味しいものを食べたことが一番の思い出だそうです。早く世の中が落ち着き、また旅行へ行ける日々が待ち遠しいですね。今後も部会長最長任期の記録をどんどん伸ばしてください! 直先生、どうもありがとうございました!

  • 店名スルガヤ薬局
  • 代表者山口博先生
  • 所在地〒311−0105 茨城県那珂市菅谷4468−15
  • 電話029(298)0064
  • FAX029(298)5708
  • 創業昭和7年
  • 商品構成医療用医薬品65% 大衆薬 20% 介護用品 5% 雑貨 10%
  • 平均客数30名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間9時~20時
  • 店舗面積35坪
  • 従事者山口博先生 山口友子先生 山口直先生 山口葉子先生 野口美千代先生

記者/青木秀一(東関連情報部長)

十文字だいだい薬局 2021年6月号(No529)

十文字だいだい薬局

東北連合会より、「十文字だいだい薬局」さんをご紹介いたします。
秋田県はいわゆる「北東北」、広大な東北地方の日本海側北部にあります。十文字だいだい薬局さんのある横手市は、県東南部に位置し、人口は約8万5千人、周辺地域の中心的な役割を担っています。筆者の住んでいる青森県と秋田県は隣接こそしていますが、私の所から横手市までは高速道路を利用して片道3時間半~4時間程の距離です。
横手市の伝統行事が「かまくら」と聞くと大雪を連想するかと思いますが、おそらく「一般的な大雪」の想像を超えるであろう、半端じゃない大雪が毎年積もる地域です。今シーズンも物凄い積雪&暴風雪によって、各地で被害が出ていました。
店主の柳沢忍先生は、長らく秋田部会長を務めた後、現在東北連合会で副連長を務めておられます。
1996年に奥様のご実家で営んでいた薬局に、地元スーパーからテナントでの出店の打診があり、当時サラリーマンだった先生が会社を辞め、薬局責任者として出店されたそうです。
2000年、2002年と出店し、当時は「売上至上主義」を徹底し、安売りでお客様を集めていたそうです。
やがて経営が行き詰まり一店舗を閉店。この先どうしようかと迷っていた時に、不良会員として既に入会していた日専同に目覚めました。以降は心を入れ替え日専同の学びを柱に邁進してきた、ということだそうです。
昨年(2020年6月)に、二店舗あった日専同店を一つに集約して、調剤と日専同流健康指導を高いレベルで融合できる店舗を目指して「十文字だいだい薬局」を開局されました。入会時のエピソードをお伺いしました。「入会当時は、なかなかなじめずにおりました。入会すぐの春ゼミ。おそらく態度が悪かった自分に注意してくれたのが、今は亡き大丸昭雄先生。お酒も入っていた僕も反抗し、かなり気まずい雰囲気に。その後の合同部会の懇親会でもつかみ合いになったこともありました。そんな時代を経て、いつしか「忍、忍」と可愛がってくださるように……。僕も日専同を好きになるにつれ、大丸先生のことが大好きになりました。※長年にわたって東北連合会の活動に貢献された、山形第一部会の大丸昭雄先生は2020年12月21日に逝去しました。大丸先生のご冥福をお祈りいたします。
強烈なインパクトの先輩方に負けないインパクトを持った柳沢先生。素直な気持ちで日専同を好きになって、一生懸命取り組んだことで現在があるのだと思います。
今、お店で取り組んでいることをお伺いしました。「コロナで中断していますが、健康セミナーやアロマワークショップ、漢方講演会を定期的に開催。健康セミナーは湧永製薬様の講演に「スローエアロビクス」や「笑いヨガ」「料理教室」「太極拳」など、専門の講師と一緒にワイワイ賑やかにできる楽しい内容で、とても好評です。漢方講演会は中医師の先生をお呼びし、20人ぐらいの規模で施設内にて年4回程度開催しています。季節ごとの体の不調の原因と予防・養生法。食材の選び方、漢方薬の解説など漢方・中医学に興味をもてる内容となっています。
アロマワークショップは、その時々のテーマ(抗菌アロマスプレー作り、肩こり対策のマッサージオイル作り、元気が出るハンドクリーム作りなど)にあう精油の中から好きな香りをブレンドしながら楽しく開催しています。今年は山歩きが得意なスタッフを講師に「森林セラピー」を開催したいと思っています。
お店は地域一番店のショッピングセンターの中にあります。暖色系の間接照明やアロマの香りなどで、落ち着いた雰囲気です。
忍先生や華先生をはじめスタッフさんがフレンドリーで親切なので、安心してお買い物や相談ができます。カウンセリングコーナー、血流計のコーナーは、相談しやすくお客様とコミュニケーションがとりやすい形にこだわって作ってあります。
病院では異常なしと言われたり、どこに相談したらよいかわからないなど、そんなお悩みのお客様もおいでになります、相談のお客様にはまず、じっくりとお悩みを聞かせていただいて、血流測定や体質チェック、生活習慣などの情報を基に、食事(食材)や水分摂取、運動などのアドバイスと、その方にあった基礎薬、漢方薬、サプリメント、必要に応じてアロマオイルなどを組み合わせて提案するそうです。
何か困った時に頼られるお店、十文字だいだい薬局さんはそんなお薬屋さんです。取材をお受けいただき、柳沢先生、華先生、スタッフの皆様、ありがとうございました。

  • 店名十文字だいだい薬局
  • 代表者柳沢忍先生
  • 所在地019-0505 秋田県横手市十文字町仁井田字東22-1
  • 電話0182(47)7060
  • FAX0182(23)5451
  • 創業2020年
  • 商品構成調剤 50% 医薬品 35% 化粧品 7% 食品 5% その他 3%
  • 平均客数50名
  • 定休日元日
  • 営業時間9時~19時※調剤は日曜・祝日は休み
  • 店舗面積40坪
  • 従事者金子絵理子先生 柳沢華先生 赤平恵美先生 高橋満紀子先生 斎藤栄利子先生 佐藤純子先生

記者/渡部 穣(東北連情報部長)

三笠薬局 2021年5月号(No528)

三笠薬局

コロナ禍のご時世の中、当店のある三笠市は札幌圏と思われ、どこのお店にお願いしても、店舗紹介の取材訪問はちょっと、と受けていただけません。また、今年の三笠市の冬はいつになく寒さと雪が厳しく(去年の5倍の降雪量!)、店と自宅の除雪に毎日3時間かかり、へとへとの日々。つまり、締め切りは近づくのにどこにも出かけることができない、という事態になってしまっていました。
そこで、苦肉の策というか禁じ手かもしれませんが、自分で自分の店の紹介をせざるを得なくなりました。どうかご了承のほどを。
三笠市は北海道で初めて良質の石炭が露出しているのを明治元年に発見されてから、炭鉱業で栄えていった地で、小樽−札幌−三笠と北海道で初めて鉄道がひかれた地でもあります。ご存知のように、国のエネルギー政策の石油転換もあり、現在炭鉱はすべて閉鎖され、最高6万人あった人口も9千人を切っている状況です。高齢化率も北海道では1、2を争う高さで40%を超えています。
三笠薬局は、先々代が炭鉱住宅ひしめく中で雑貨屋を始めたのが最初で、薬屋としては先代が薬種商として現在の地で薬舗を始めてから約60年がたとうとしています。
先代は先見の明がある人で、自分の子供二人とも薬剤師にして、院外処方になるかなり前から三笠市立病院横に土地を買い、建物を建てて、門前薬局の準備を怠りませんでした。
現在、元々の店を本店として、市立病院横の店舗が調剤専門店として2店体制です。
人口が最大の6万人を超えていた頃は、何でもありの薬舗として大変繁盛したそうで、昼休みを取る暇もなく、月の休みは2日だけだったそうです。
現在は、調剤でなんとかなっている状態で、OTC、化粧品が全く動かない日もあります。その中でも湧永製品はなんとかOTCの中で一番の売上を確保しています。

さて、私は転職組で、ご縁があって三笠薬局の娘さんと結婚したのをきっかけにこの世界に入りました。それまでは障害者施設の生活指導員をしていました。全くの畑違いの仕事をすることになって、前の職場の方からは、大丈夫なの? と言われましたが、実際に店頭に立ってみると、お客様・患者様とお話をすることは、福祉施設で利用者・保護者の方とお話をすることと根っこが同じで、それほど違和感がありませんでした。覚えることがいっぱいで、未だに漢方関係は弱いですが、それでも第1回の登録販売者試験になんとか合格できました。
現在は、高齢者が多い土地柄もあり、配達が非常に多くなってきています。コロナ禍での電話診療や大雪により外出ができないお年寄りの日用品の注文などで、ほぼ店にいない日もあります。
また、先代から続く市内の公共施設の備品の注文による配達(市立病院への漂白剤やトイレットペーパーなど)、老人施設から個人の注文や厨房からの経口食品などの配達はほぼ毎日の業務になります。
なので落ち着いてお客様に健康相談やレオピンのおすすめがなかなかできない悩みがあります。
日専同には、これも先代が早くからレオピンを扱っていて、40年前くらいから加入していたようです。私が店に入ってから部会に出るように言われ、出席してみて、ちょっと驚きました。
薬局の仕事をするときは、集団というか組織とは離れた個人の仕事になるなあと思っていたのですが、こんなにも仲間を大事にしてくれ、勉強させてくれる組織があるんだなあと思いました。
とにかく、レオピンの服薬指導とか推売とかがよくわからず、妻と土曜日、滝川市の長田薬局さん、札幌のハマヤ薬局さん、恵庭市の陽明堂さんの店舗訪問をさせていただいて、実際のやり方を見せていただき、店で服薬指導コーナーを作り、がむしゃらに服薬指導をおすすめしてみました。
思っていたよりも推売の数が上がり、レオピンのすごさを感じました。
連合会では部会再編で部会長を拝命し、10年間部会長をした後、情報部長として活動させていただいています。
コロナ禍、高齢化地域という中で、日専同流健康指導、基礎薬としてのレオピンの需要はますます必要とされるべきです。
まだまだ力不足で、三笠市の住民の方々に十分に需要を掘り起こしできていませんが、焦らず地道に訴えていくしかないのだろうな、とも思っています。
いくら厳しく大変な冬も3月の声が聞こえてくると厳しさが緩んで春の気配が出てきました。明日を信じて頑張っていくのみです。

  • 店名三笠薬局
  • 代 表 者清水知行先生
  • 所在地068−2152 北海道三笠市多賀町21
  • 電話01267(2)2350
  • FAX01267(3)2233
  • 創業1965年
  • 商品構成調剤 40% OTC 30% 化粧品 15% 日用品 15%
  • 平均客数15名
  • 定休日日曜・祭日
  • 営業時間8時半~18時半(土曜は18時まで)
  • 店舗面積35m2
  • 従事者山田民子先生 山田倫生先生

記者/山田倫生(北海道連情報部長)