日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子
  • 日時:令和元年9月22日(日)~23日(月)
  • 場所:博多 リファレンス駅東ビル貸会議室 
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 相談役  松田正信先生
  • 近畿第三連合会 筆頭副連長 吉田恵里子先生

コメント 講師の講演とディスカッションで、これから目指す所も明確になりました。年間達成!!

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

くすりのミズノ五位田店

くすりのミズノ五位田店

四月の初旬、初夏のような陽気を感じる日に、愛知県あま市にある、くすりのミズノ五位田店さんを訪問しました。くすりのミズノ五位田店さんは、我が中部連合の連合会長をしておられる川原健先生のお店です(以下、健先生と書かせていただきます)。
中部の販売実績では、必ず上位に名前があがるお店で、二〇一八年度はレオピン販売本数一位、推売人数一位など、表彰は枚挙にいとまがありません。それにつけて、お店は一人で切り盛りされているのにも驚きです。
健先生が、連合会長の仕事で大忙しの中、どうやってお店を経営されているのか?その辺を中心にお話を伺ってきました。
私は今回初めて訪店させていただくのですが、実績からすると、さぞかし風格漂うお店なのだろうなぁと想像して訪店しました。
名鉄甚目寺駅の前にあるショッピングセンター、ヨシヅヤ甚目寺店さんの目の前にお店がありました。早速お店の外観をカメラで写してお店に入ろうとすると、ちょうどレオピンを購入された女性のお客様方がレジ袋を下げてお店を出たところでした。期待が膨らみます。さあ、どんなお店なんだろう。ワクワク、ドキドキ。
自動ドアが開いた瞬間、「えっ!?」と驚きました。食品や雑貨の激安POPがいっぱい!棚もすごく高いので、ドン・キホーテとまではいかないにしても、それをも彷彿させる店内です。そして、すごい品揃え。あの湧永製品の販売実績からすると、もっと相談色が濃いお店だと想像していたので、正直に申しまして私のイメージとはかけ離れておりました。
健先生と私は同い年です。かれこれ二十年来の付き合いなので、この際、思ったことをなんでも聞いてしまいましょう。

  • 近藤:お店で一番のアピールポイントはどこ?
  • 健先生:うーん。特にないな~。
  • 近藤:(あっ、謙遜しているな)では、一番のこだわりはどこ?
  • 健先生:う~ん。ないなぁ(笑)。
  • 近藤:(いやいや、あの実績ですよ。ないわけないです!)では、測定器や販促ツールはどんなものがある?
  • 健先生:な~んにもない(笑)。血流計なんて、壊れているし。相談机もほぼ使わない。だから取材に来ても何もないって言ったやろ~(笑)。

今回、私は岐阜県から時間を作って取材に来ています。収穫なしでは帰れません!ただただ数多いアイテムの商品がきれいに並んでいる店内を見渡しながらネタ探しを始めますが、これといったものが見つからず、記事が書けるのかどうか不安になり、変な汗も出てきました......。お客様が座るイスもなければ、これという販促ツールも目につきません。
カメラを手に店内を歩きさまようと、ようやく重要なものを見つけました。それは相談机の一番奥に大事そうに鎮座している年代物の台帳です(カワハラ健康堂時代の台帳とくすりのミズノの台帳)。この台帳以外にもまだまだあります。以前、健先生が営まれていたカワハラ健康堂さん時代の台帳から現在のくすりのミズノさんでの台帳を合わせるとすごい量です。
あと、自宅には有名な健先生のお客様との会話を書き留めた『健ノート』があります(自宅にあるので、今回は拝見することができませんでした。残念)。このノートは、健先生が修行時代からずっと書き溜めているノートで、お客様との会話を記録した日記です。
その『健ノート』についての話を伺っていると、健先生の大きな秘密が解りました。それは、健先生がどうしてそんなに分かりやすく瞬時に伝えることができるか、というコミュニケーション能力です。健先生と話をしたことがある全国の同志の先生であれば分かると思いますが、たとえ話なども織り交ぜ、難しい話が分かりやすく変換する速度が速いのです。これは頭にある引き出しの多さと、その引き出しを開ける早さです。
健先生によると、学んだこと(インプットした情報)をお客様にすぐに話し(アウトプットする)、さらにこの会話をノートに記録することで、インプット→アウトプット→検証を長年のルーティンとして続けているのです。常に実行、検証をしているので、頭の引き出しの中が整理され、引き出しを開けるスピードが速いのです。
接客においても、お客様の基本情報は当然のこと、こういう場合、こんな話をするとお客様の反応が良いというデータが蓄積されているので、お客様の心をつかむ能力がひときわ高いのです。今の実績や推売力も、この能力が大きいと感じます。『メモの魔力』という本が売れていますが、『健ノート』をいつか拝見したいものですね。
くすりのミズノ五位田店さんの立地や地域性において、アイテムの多い品揃えはお客様に対する信頼を得るためには必要だと感じているようです。要は、いい意味でお店の敷居を低くしています。入店されたお客様は、たくさんある薬を見た時、薬屋としての安心感が得られるようです。その結果、どんなお客様でも入りやすいお店となったのです。
そんな品揃えの中、雑貨やお菓子を買うお客様に、少しずつ自分を売っています。お菓子を買うお客様にも、いつかこの人(健先生)から薬を買ってみよう、いつかこの人(健先生)に身体の相談をしてみよう、と思っていただけます。こうして、健先生の持ち前の人柄で、お客様と関係性を深め、コツコツと店頭実績を積み上げ、今こうして素晴らしい実績となっているのですね。
POP(継続POP、レジ前のPOP)も使い込まれていて、絵手紙も当然のように出されております。さきほど、お店のこだわりがないと言われましたが、くすりのミズノさんは、商品アイテムの多さがこだわりのひとつなのです。

私が知る健先生は、カワハラ健康堂さん時代とくすりのミズノさんとでは、お客様に対する想いや信念が全く変わっておりません。お客様のために、朝から晩まで一生懸命に飛び回って行動する姿は到底真似できません。健先生はその変わらない信念を持ちながら、移り行く時代の変化と、くすりのミズノさんの立地・環境に合わせて自分を順応(進化)させています。
末筆ではありますが、尊敬する同い年の健先生。健先生の発する言葉や行動力、気配りで、どれだけ多くの中部連の会員さんが励まされ勇気づけられたことでしょう。先生自身、この十年間いろいろありましたね。苦悩を乗り越え、マイナスをプラスに変える強さには感服しております。私も幾度もたけちゃんの言葉に助けられました。
あと数日で元号が「令和」と変わります。新時代も中部連合会会員は、川原連長にしっかりとついていきます。今後ともよろしくお願いいたします。でも、たまには身体をゆっくりと休めてくださいね。

  • 店名くすりのミズノ五位田店
  • 代表者加藤貴拡社長 川原健店長
  • 所在地〒490-1111 愛知県あま市甚目寺五位田105-4
  • 電話052(442)2333
  • FAX052(444)5291
  • 創業昭和45年
  • 商品構成医薬品55% 健康食品25% 雑貨10% 化粧品5% 食品5%
  • 平均客数40名
  • 定休日日曜日
  • 営業時間10時~19時
  • 店舗面積30坪
  • 従事者川原健先生

記者/近藤崇司(中部連情報部長)

沢田屋薬房

沢田屋薬房

日専同の先生方、こんにちは。今回は、我が関一のホープ、早川弘太先生のお店にお邪魔しました。
早川先生は我が関一では企画部長、本部でも合同販促企画委員と、日々私たち同志のため、日専同のために、溢れんばかりにひらめく企画案を「これなんかどうだろう」「どうすればもっとよくなるかなあ」と知恵をしぼり、提供してくれています。
早川先生の情報発信力は入会当初より群を抜くものがありました。ラグビーで鍛えあげた体力と精神力も半端ない!そして、人一倍、勉強熱心です。う~ん、すごい奴っちゃ......と、人物に関しての多少のモリモリは否めませんが、本当にすごいのはこれからです。
先生のお店の創業は一七七二年、江戸時代から続く老舗です。明和から安永に元号が変わった年の創業から二四七年、代々受け継がれた「早川半兵衛」の名を三年前に襲名し、現在九代目「早川半兵衛」を名乗られています。
そんな由緒と歴史あるお名前とともに、所属する山梨部会では、やはり易学者としての家系を持つ塩山の田邉翁(田辺先生)が「弘丹」を命名されました(ちなみに私は「杏」です)。漢方に造詣の深い田邉翁が薬草をそれぞれの部会員の特徴をつかみ、つけてくれた名前です。なので、親しみも込め、以下「半兵衛」ではなく、弘丹先生と紹介させていただきます。
今回、私がどうしてもお邪魔したかったのにはいくつか理由がありました。
弘丹先生は今年四月より調剤をきっぱり辞め、相談薬局に特化したお店作りにシフトしました。今の時代、調剤を辞め相談薬局に特化するのは、したくても諸事情でできない私たちに衝撃を与えてくれました。その胸のうちを聞きたい!また、どんなお店にしたのか見たい!そんな衝動を抑えきれず、今回のお店探訪となりました

なんとなく変わったな~と、店内に入る前から感じた落ち着いた雰囲気は、ブラウンでまとめた外観からも感じられました。
「沢田屋薬房」の大きな看板も外観と見事に調和!「あれ?外壁の塗装もしたの?」と思えるくらいです。相変わらず店頭に鎮座しているサトちゃんの遊具に懐かしさと、やっぱり弘丹先生のお店だと安心し、いざ、店内へ。
驚きました!以前より、すっきりと清潔感のある店内でしたが、今は清潔感に加え、ゆったりと落ち着きのある店内に変貌していました!
いたるところに相談机があり、待合いの席もプライバシーに配慮したつくりになっていました。血流計等も完備し、いつでもプライバシーが確保できる健康相談ができ、お客様に安心感を提供できるなあと感心しました。

さて、本題です。単刀直入に弘丹先生に質問です。

  • 記者:先生、調剤をやめて相談薬局を目指した本当のところを教えてください。
  • 弘丹:保険調剤が厳しくなることは多くの先生方も実感されていると思います。当店で保険調剤をやめた理由は様々ですが、まずは自分が登録販売者なので、薬局という業態でいるためには常に他人の免許がないと開局ができない、これは僕にとって非常に大きなストレスであるのと同時に危機感でもありました。
    また、薬科大学のない山梨県では将来的にも人材の不足が解消されることはおそらくなく、薬剤師の人材不足も鑑み、最終的には自分の免許で経営できる安定した店舗形態にしたいと以前より考えていました。
    ここ数年、一般処方箋はもちろん、施設調剤の減少もあり、保険調剤の売り上げが落ちていたこともありましたし、長年頑張って勤めてくれていた管理薬剤師が年齢的にもフルタイムでの仕事が厳しくなってきていたことも理由の一つです。
    薬局が地域で必要とされる業態はどんどん変化してきました。二十年ぐらい前までは分業が進んできたものの保険調剤を行える地域の薬局が少なく、保険調剤を行うことが地域で必要とされている仕事でした。今までは社会的な役割として保険調剤を行ってきましたが、当店の目の前には保険調剤にかなり力を入れている大手ドラッグストアチェーンが出店し、そこを含めて周辺に五~六店舗も保険調剤を行う薬局が次々と開局しました。
    調剤をやっていることが地域で選ばれる理由になる時代ではないと感じたこと、当店が保険調剤をやめても地域の方に不便をかけることはないと思えたことも背中を押しました。
  • 記者:なるほど、私たち薬業人としての社会貢献として、調剤ではなく病気になった時、また、ならないように健康相談という形を選ばれたわけですね。
  • 弘丹:そうなんです。これから自分の店が地域で必要とされるには、調剤を維持することに個店の小さなエネルギーを注ぐよりは、他の店ではすることができない専門的な健康相談ができる場所、ひとりひとりのお客様のためにしっかりと時間を確保し、お話を聞かせていただき、お客様と近い距離感で必要なお薬と養生法が提案できるお店にしていくことが地域の健康に奉仕することができる方法だと感じて健康相談・漢方相談に特化した業態に変更しました。
  • 記者:それは私たち薬業人の本来あるべき姿でもありますね。以前は薬局・薬店が病気の一次医療機関でありました。今では三次医療機関で、さじを投げた患者が藁をも縋る気持で訪ねてくるところと化した薬局・薬店も存在しているように思います。私たちがすべきは、地域の方の健康に奉仕することであり、体に異変を感じたら気軽に寄って相談してもらえるような店作りが必要に思いますね。
    国も健康サポート薬局の推進を図っているようですが、弘丹先生はこれから具体的にどのようなお店の展開を図っていこうと思っているのでしょうか?
  • 弘丹:これから力を入れていきたいことは『ライフスタイル提案型』の店にしていきたいと思っています。
    現在は体調に関するお話を聞いて、必要なお薬や健康食品、養生法を提案していますが、今後はより元気な毎日を過ごせるような衣食住に関する様々な商品の提案をしていきたいと考えています。物を販売するだけでなく、運動セミナー、漢方的養生セミナーなども開催して『こういう生活をして、こういう人生を過ごしましょう』というような提案をしていけるような店にしたいと思っています。
  • 記者:健康未来志向型のお店ですね。これからは少子高齢化も進み、健康への関心が今まで以上にあると思います。若い方、年齢を重ねた方とそれぞれ健康に関する悩みも違うように思いますが、ゆっくりと話せ、適切で具体的なアドバイスや提案をいただけることは、それだけでも嬉しく、安心でき、迷える患者にとっては希望の道しるべとなりますね。
    では、最後に弘丹先生から全国の日専同同志の先生方に今の忌憚ないお気持ちを聞かせてください。
  • 弘丹:店舗内もより広く使えるようになったので、血管美人や血流計を使ったイベントなどにも力を入れて、新しいファンづくりをしていきたいと思っています!
  • 記者:大丈夫!先生の真摯な姿と笑顔で老若男女問わず新しいファンは増えていきます!想いを形にし、具現化することはとても難しいものですが、弘丹先生は実際やってのけました!
    日専同は実践道、これからも見事な実践を私たちに知らしめてください!そして、ますますのご活躍、期待しております。本日は長い時間、ありがとうございました。
  • 店名沢田屋薬房
  • 代表者早川弘太先生
  • 所在地〒406-0031 山梨県笛吹市石和町市部1084
  • 電話055(262)2030
  • FAX055(263)6662
  • 創業1772年
  • 商品構成医薬品90% 健康食品・その他10%
  • 平均客数10名
  • 定休日日曜・祝祭日
  • 営業時間9時~19時 ※土曜は18時まで
  • 店舗面積22坪
  • 従事者早川弘太先生 早川真知子先生 白須さおりさん

記者/藤井佳江(関一連情報部長)

二子薬局溝の口店

二子薬局溝の口店

今回ご紹介させていただくのは、私、関二連情報部長の地元にある二子薬局溝の口店です。
溝口は神奈川県高津区にあります。高津区は人口約20万人、東京都世田谷区と玉川を挟んで隣にあります。
二子薬局溝の口店は、東急田園都市線「溝の口駅」、JR南部線「武蔵溝ノ口駅」のすぐ近くにあります。両駅は地上のバスターミナルの上に「キラリデッキ」と呼ばれる2階にあたるスペースでつながっています。デッキでは毎日のように若者が演奏をしていたり、沢山の人たちが行き交っています。近くにはマルイがあり、「ノクティ」の愛称で呼ばれています。名前の由来は溝口のことを地元では「のくち」というところからとったようです。
また、1月にも日本テレビの「スクール革命」という番組で、隣の「高津駅」で「写真のたなかや」が紹介されました。なぜ「たなかや」が有名なのかというと、そのお店で写真を撮り、その写真で受験や就職すると合格できるとの評判のようです。もしも先生方のご子息が受験や就職の際にはこちらで写真を撮られてはいかがでしょうか?
さて、二子薬局溝の口店ですが、渡辺陸子先生が約30年前に開業されました。その頃は六代目会長の高野幸雄先生などいろいろな先生方に「お前は全然言う事を聞かない」などと言われていたそうです。
それでも一所懸命頑張り、今では丈夫屋グループとして全体で薬剤師約40人、事務員70人、ケアマネージャー5人など、お店を拡大しているそうです。
溝の口店では薬剤師2人、事務員1人で営業しています。陸子先生は、現在、神奈川県女性薬剤師会会長を約20年間もされており、毎日忙しい日々を過ごしていらっしゃいます。
昔はレオピンや漢方相談などを中心にお店を経営していたのですが、医薬分業が進み、調剤業務中心になってしまったそうです。それでもこれからは日専同のような相談薬局が必要だとのことで頑張っていらっしゃいます。
店内にはディスプレイにレオピンなどの紹介が流れていました。また、従業員さんによる店内の季節ディスプレイもされ、ご来店いただいたお客様のおもてなしも感じられました。そして、従業員の皆様も取材に伺った際、快く対応していただきました。本当にありがとうございました。
これからも二子薬局溝の口店の益々のご発展をお祈りしております。

  • 店名二子薬局溝の口店
  • 代表者渡辺陸子先生
  • 所在地〒213-0001 神奈川県川崎市高津区溝口1-1-26加藤ビル1F
  • 電話044(844)4593
  • FAX044(822)2409
  • 創業平成元年
  • 商品構成医薬品90% 健康食品10%
  • 平均客数20名
  • 定休日日曜・祝祭日
  • 営業時間月・木10時~19時火・金10時~20時 水10時~19時半 土10時~18時半
  • 店舗面積20坪
  • 従事者野里和子先生 浅野順子先生 小野裕子さん

記者/須長要(関二連情報部長)