日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

和榮堂薬局 2022年1月号(No536)

和榮堂薬局

今回ご紹介する和榮堂薬局さんは、北海道西部日本海沿岸の町、余市町にあります。余市町は札幌市から高速で約1時間、小樽市からは30分という漁業の海の幸と果樹園を中心とする山の幸に恵まれた町です。2014年放送のNHK朝のテレビ小説「マッサン」の舞台でもあるニッカウヰスキー余市蒸留所(工場見学、ウイスキー、ワイン等の試飲ができます)があります。
さらに1992年、日本人初のアメリカNASAのスペースシャトル搭乗となった毛利衛さんの出身地でもあります。道の駅スペースアップルよいちの隣には、毛利さんにちなみ宇宙記念館という格的な博物館が建てられました。プラネタリウムもあり、宇宙のことを身近に感じることができる施設で、我が家も家族で楽しんできました。
我が家では年に一~二度は余市町に出掛けており、美味しくて安い海鮮丼、観光果樹園でのサクランボ・ブドウ・リンゴ狩り、日本海を眺めながらの温泉を楽しんでいます。
余市町は縄文時代の遺跡が発見されるなど、北海道の中でも古い歴史がある町で、江戸時代からニシンの交易地としても栄えてきました。現在、人口は一万八千人。札幌・小樽からの観光の要所、中継地としても賑わいを見せている町です。
10月某日。好天に恵まれた中、三笠から高速を使って約150㎞、1時間30分で余市に到着しました。
和榮堂薬局さんは余市の町中、JR余市駅から歩いて3分という立地にあります。
お店の外観を初めて見た時、「結構、古い歴史のあるお店なんだなぁ」と思いましたが、実は和榮堂さんは開業してまだ3年とのこと。
余市で120年の歴史ある薬局が3年前に廃業するということになり、それまで余市の調剤薬局で働かれていた尾形先生と石橋先生が、患者様に親身になり患者様が何でも相談できる薬局がなくなってしまうのはもったいないということで、3年前に和榮堂として株式会社を設立。その薬局を継いだ形を取られました。そして、さらに1年前には余市町から車で30分、海岸沿いの古平町に「いしばしあきら薬局」を開局。現在二店舗体制となっています。
店内は、築70年の建物と内装をほぼそのまま使っており、レトロな雰囲気が温かさを感じさせます。前薬局時代に使われていた物や、店の備品だった物を「昭和物」というコーナーで展示されていたりと、120年の歴史を彷彿とさせる雰囲気があちらこちらに見受けられます。
私が午後3時頃訪問した際、調剤のお客様が引きを切らない状態でした。少々待ちながら尾形先生の接客を聞いていましたが、常に楽しい明るい雰囲気。特に尾形先生の笑い声が非常に安心感と元気を与えてくれるもので、お客様も会話を楽しんでいる様子でした。そこが本当に素晴らしいと思いました。
前の薬局が廃業した際、建物・取扱商品をほぼそのまま引き継いだそうで、その中に湧永商品もありました。現状では調剤の他、レオピンが中心的な存在になっているとのこと。
湧永製薬の社員から日専同という存在を教えてもらい、会に参加することを勧められ、まずは部会に出席してみたそうです。
部会、連合会研修会、春秋ゼミに参加してみて会の熱量の高さに驚かれ、さらに地域の貴重な相談薬局として自然治癒力についてお客様や患者様に話し、理解していただき、最終的には薬に頼らなくてもよい健康な身体づくりをするという点が、目指しているところと一致していることを実感。全国大会に参加し、熱い先生方と触れ合うことでその思いがますます深まったそうです。
現在、北海道連合会の中でも急成長されていて、今後についても大いに注目、期待されている和榮堂薬局さんに、これからについてお聞きしました。
「相談薬局は地域に必要なもの・なくてはならないもので、そのような存在にならなければいけないと思っている」と尾形先生。実際に薬局を始めてみて、ニーズの高さがわかり、常に相談できるという雰囲気づくりを心掛けているそうです。
地域密着ということも非常に大事な要素で、コロナ禍にも地域の実情にそった細かな情報等を提供できる頼りにされる薬局を目指している、とのことでした。
困った時にうちの店を思い出してくれたら、という尾形先生の想い通り、「最近は店が休みの日でもいろいろな相談の電話がくるようになってます」ともおっしゃっていました。
これからも日専同でしっかり勉強していきながら、余市になくてはならない相談薬局という存在になっていきたい、と力強くおっしゃっていました。
帰りの車の中で、今日の訪問を思い返していました。すると真っ先に尾形先生の柔らかく温かい笑い声が思い出され、接客における笑い声の効果、効用ってあるんだなぁと感心しました。
ともすればお客様に対して、レオピンは……、自然治癒力は……、と説明することばかり先に立ちますが、尾形先生のような接客がお客様・患者様を安心させ、信用してもらう最適の方法ではないかとも思いました。
もう一点、全国的に高齢等で廃業される薬局・薬店の問題がクローズアップされていますが、和榮堂さんのように、調剤薬局で働いている方が相談薬局を引き継ぐ、ということも一つの方法なのだろうと思いました。その際、大きな心配というかネックになるのが自分に接客・相談ができるだろうか、という点ですが、それも和榮堂薬局さんは答えを示してくれています。
それは、日専同の店頭指導の勉強と実践をすることで解決され、お客様から本当に信頼され相談される薬局になるから、ということです。
今、全国的にも調剤薬局の日専同加入が増えてきています。和榮堂薬局さんのようなケースがあり、日専同流店頭実践に間違いはないんですよ、ということが広まっていけば良いなと思いながら帰路につきました。
尾形先生、石橋先生、お忙しい中、取材をお受けいただき、本当 にありがとうございました。

  • 店名和榮堂薬局
  • 代 表 者尾形綾子先生
  • 所在地046-0003 北海道余市郡余市町黒川町3丁目140
  • 電話0135(23)3193
  • FAX0135(22)6781
  • 創業2019年
  • 商品構成調剤 60% 健康食品 15% 医薬品 22% 化粧品 3%
  • 平均客数30名〜40名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間平日 9時~18時、土曜 9時~16時
  • 店舗面積144.18m2
  • 従事者尾形綾子先生 笠井早美先生 田岸麻梨奈先生 橋本くみ子先生

記者/山田 倫生(北海道連情報部長)

まきの薬品 2021年12月号(No535)

シスター薬局

全国の同志の先生方、こんにちは!!今月号の当コーナーは、中国連合会が担当させていただきます。ご紹介する店舗は、「まきの薬品」様です。今期より当連合会の会長を務められております牧野浩先生の店舗になります。
店舗所在地の広島県三次市(みよしし)は、県の北部・中国地方のほぼ真ん中に位置し、面積778㎢、人口約5万人。古くから交通の要所であり、広島県内に降る雨の約3分の1が集まっており、豊かな水に恵まれています。河川の合流により霧が生じやすく、「霧の町」とも呼ばれ、盆地で冬は極寒、夏は猛暑になる地形です。また、隣接する安芸高田市は、レオピンの熟成地、湧永製薬広島事業所の所在地でもあります。
まきの薬品様は、JR三次駅より東へ徒歩10分少々の道路沿いに位置します。9月、広島県内に依然として緊急事態宣言が出されている中、こっそりと越県してお邪魔しました。

代表者である牧野浩先生は、地域の薬局グループ店での勤務を経て、平成16年にその中の一つの店舗を引き継ぐ形で独立、創業されました。日専同へは、前職で湧永製薬にご縁のある方からの紹介で翌年に入会されたそうですが、一年ほどは業務が忙しく、部会やゼミなどの行事には出られなかったとのことでした。
部会に出席するようになり、同志の先生方の励ましやアドバイスを受け、ヤングに入会。その後に企画部長、学術部長、そして部会長を長年務められました。取り扱い率、実績ともに着実に伸ばしてこられ、令和2年からは満を持して連合会長を務められております。連合会内での牧野先生は、とても明るく快活で前向きなキャラクターです。

道路沿いで目に付きやすく、店前駐車場への導入の歩道も広く、アプローチしやすい店舗です。入口にお花や水槽などもあり、第一印象として「入りやすくて出やすいお店だな~」と思いました。
横長の店内に入ると、右手に薬品カウンター、左手や奥にテーブルが3カ所離れて設置されています。主に、ダイエットや腸内環境、その他の相談、雑談等々、お話のテーマによって場所を変えられているということです。ダイエット相談のテーブルは他から死角にするといった配慮も見られます。
季節の店飾や様々なディスプレーも見どころなのですが、何といっても特徴的なのが「広島カープのコーナー」です。ご夫婦の趣味を全面に押し出したスペースになります(笑)。こちらへ腰掛けてのお客様とのカープ談義、野球観戦が容易に目に浮かびます。連帯感やお客様との距離を縮める一助になっていることは間違いないようです。また、店内の奥スペースをリフレクソロジーの施術場として無料で提供され、来店促進をされています。
楽しいことが大好きな牧野先生は、カープファンの集いの他にも味噌作り、漬物講座、トランプゲーム、くじ引き、餅つき等々、様々なイベントを店内で催されているそうです。集客のためのイベントというより、完全に自分が楽しむために開催されているようです(笑)。
客数が少ない、売り上げが少ないとクヨクヨ悩むより、とにかく面白い、楽しいと思ったことは何でも取り入れてやってみよう! というのが先生の信条ではないかとお察ししました。
8時半の開店前には、自前の畑で野良仕事と奥様とのウォーキングというルーティーンをこなして出勤されます。「牧野農園」と称したたくさんの立派な野菜を筆者も何回もいただいたことがあります。野菜作りも地元の方、お客様との絆作りの一つになっています。
接客で最近心掛けていることは、「自然治癒力」というワードを積極的に使うこと。コロナ禍の状況で、より重要視される力です。また、「効くと治るの違い」、効くとは発言しないように注意すること。5つの違い、治療より予防と養生。日専同で習ったことを愚直に繰り返し伝えること。部会、ゼミ、様々な行事の制限を強いられる中、牧野先生ご自身は『恵気素』のバックナンバーを積極的に読んで、「やる気」を落とさないよう心掛けておられるそうです。
全国的な御多分に漏れず、当地域も狭い圏内にドラッグストア形式の量販店が乱立しており、車でどこへ行っても自由に買い回れる環境です。そのような中でご来店くださるお客様は年配のご夫婦が多いそうですが、ご夫婦お二人とも健康長寿で居られるように、「元気で長生き」の願いを込めて、万全の体制でレオピンをお勧めされております。

親しみやすく寛ぎやすい店内で、牧野浩先生と、三人の娘さんを育てあげられた奥様の玲子先生、お二人の明るく楽しい話が聞きたくて、逢いたくてご来店されるお客様が多いのではないか、と想像しました。これからも、ご商売の益々の発展を願ってお店を後にしました。
この度も取材にお邪魔したのに、歓待いただき、大量の新米とお野菜までいただいてしまい恐縮に存じます。本当にありがとうございました。

  • 店名まきの薬品
  • 代 表 者牧野 浩先生
  • 所在地728-0013 広島県三次市十日市東4丁目13-24
  • 電話0824(65)0253
  • FAX0824(65)0267
  • 創業2004年
  • 商品構成医薬品 60% 健康食品 30% 雑貨その他 10%
  • 平均客数25名
  • 定休日日曜
  • 営業時間8時半~19時半
  • 店舗面積25坪
  • 従事者牧野 浩先生 牧野玲子先生 松田千穂さん

記者/田辺彰(中国連情報部長)

ドラッグかしま 武庫川店 2021年11月号(No534)

ドラッグかしま 武庫川店 2021年8月号

今回のお店訪問は近畿第三連合会より、「ドラッグかしま」をご紹介させていただきます。
兵庫県の西宮市といえば、甲子園球場(そういえば阪神タイガースも元気に頑張られています)、その近くで創業されて40年以上になる「ドラッグかしま武庫川店」の店舗紹介です。阪神電車の甲子園駅からバスで10分程、武庫川団地中央に到着しました。武庫川団地の高層棟は25階建てもある大きな団地です。その団地の中央にあるショッピングセンターの中にドラッグかしまさんがありました。とても目立つお店ですので、近くの方は皆さんご存じでしょうね?お店の皆さん、とても温かく送迎してくださり、ありがとうございました。
日専同を担当されているのが、代表者の塚元正昭先生の奥様の由美子先生で、現在、第二部会長として活動されています。また、スタッフの仲地先生もよく日専同の会に出席されています。日専同入会以来、連合会の数々のコンクールで受賞され、伸び盛りのお店と感じておりましたが、やはり店に来てみると大変存在感の大きな目立つお店だと確認できました。また、最初から最後までお店の方全員で取材にご協力いただきました。これも塚元先生のご指導のなせる業と感心させられました。
塚元部会長は元々教員をされていたらしく、当時ご主人は叔父様が経営している西宮市内のかしま薬局で働かれていました。結婚をきっかけに退職されたときに、そのかしま薬局が新しくできた武庫川団地に支店を出すことになり、手伝い始められました。その時からずっと武庫川店で働かれています。
もともとは化粧品を中心に販売されていて、当時の客数は多いときは800~1000人の日もあったとのことでした。それが、近隣に大型ドラッグストアが乱立し、化粧品は値引きが当たり前の時代になりました。その時に、近隣の西宮の日専同の先生方から(○○キ化粧品と)日本専門薬局同志会を紹介されたらしく、とても感謝されていました。入会後、メキメキと力を発揮されて、レオピン本数も300本を超える時もあり、あっという間に第二部会長になられました。
部会長として心がけたことは、「部会の先生は家族と同じ」という言葉を実践され、毎日の部会ラインに推売報告などの情報を一年間も発信し続けられたことです。コロナ禍で部会開催もままならない中、部会長としての努力に感心させられました。連合会で実施された年末の部会長からの店頭発表の際にも、とても感動するスピーチをされていたのが記憶に新しいです。
塚元先生が得意としているのは、絵手紙、手書きのDMハガキ、封書のニュースレター、ポップなどです。
絵手紙はコピー無しで表裏一枚ずつ心をこめて描かれています。その中で年賀状はこだわりがあるそうです。「必ず元日に届く。年の始めに一番目立つ、お客様が見てニコッと笑ってもらえる年賀状」さすがに年賀状は一枚ずつ書けないので、宛名は手書きですが、裏はカラーコピー。カラーコピーの原画は墨をすり、筆で絵と字を描き、クレヨンや絵の具で色を塗り印を押すそうです。元日につくように送付するのは大変な作業だと思います。いつも年賀状、ありがとうございます。
また、毎月手書きのDMハガキを500枚作成されて、事前に団地の棟別に分けて準備、9割がたポスティングで団地のお客様の郵便受けに1枚ずつ投函されておられます。お客様との信頼関係はこんなところからでもできるのでしょうね。
昔から日用雑貨を目当てに来店されるお客様が多く、コロナで紙がなくなった時には、倉庫に在庫しておられた40ケースの紙製品が一日で売れたそうです。レオピンの推売も、化粧品や日用雑貨を買いに来られた方にお奨めされることが多いとのことでした。
筆者が訪問した際も、雑貨を買いに来られる方が多い中で、ワクチンの副反応の話でじっくりご相談されていた年配のご婦人がおられ、後で聞くとレオピンの愛用者とのことでした。「元気な人に元気を維持するために飲んでいただく」のがレオピンで、団地の方に「一家に一箱キヨーレオピン」を実践することを目標に頑張られています。
さて、こんなスーパーマンのような先生のご趣味は、スキー・ゴルフ・料理とのことでした。今年も新しいスキーの板に買い替えられたとのことです。自信のある方は、ぜひ一度ご一緒されるとよいかもしれません。年齢と運動習慣は関係なく、いつまでも筋力は鍛えられると言われていました。
塚元部会長は部会長として一期目です。今後も団地になくてはならないお店として、地域の方への健康指導に邁進され、また連合会にとってもなくてはならない存在としてご活躍されることを祈念いたします。
貴重なお時間をいただき、元気のあるお店の見本を直に拝見させていただき、誠にありがとうございました。

  • 店名ドラッグかしま 武庫川店 2021年8月号
  • 代 表 者塚元正昭先生
  • 所在地663−8141 兵庫県西宮市高須町1−1−2-139
  • 電話0798(46)9630
  • FAX0798(46)9630
  • 創業1981年
  • 商品構成医薬品 40% 健康食品 10% 化粧品 30% 日用雑貨 20%
  • 平均客数30~40名
  • 定休日木曜日
  • 営業時間10時~20時
  • 店舗面積24坪
  • 従事者塚元正昭先生 塚元由美子先生 仲地沙織先生 永柳直子先生 村上頼子先生

記者/清水健一(近三連情報部長)