日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

大五堂薬局 2022年5月号(No540)

大五堂薬局

今月号の「日専同お店探訪記」でご紹介する店舗は「Small・Bossスズキ」こと鈴木貴久新連長による新たな船出をした『復活!華の関一』を目指す関東第一連合会の厚生福祉部長を務められている藤巻太二先生のお店「大五堂薬局」様です。
藤巻先生は入会歴はまだ短いながらも、先程ご紹介したように今年度より連合会執行部就任オファーを鈴木新連長から出されるほど日専同に熱い、いま連合会内でも注目の先生です。
昨年は連合会内で講師も務められており、私もぜひゆっくりとお話をお伺いしたいと思い、藤巻先生に恵気素取材のお願いをご連絡すると、「え、『恵気素』のあのコーナーですか⁉ 自分なんかでよいのですか!」と謙遜されましたが、以前からこのコーナーで紹介されるぐらい店頭活動を頑張ろう、と励みにされていたということで、のっけから感動するようなリアクションをくださり、藤巻先生の勢いと、日専同に対する思いを強く感じました。
藤巻先生のお店は東京都東久留米市の幹線道路沿い、四つ角の交差点の一画に位置する非常に目立つ場所に店舗があります。
店舗正面には「日本全国の処方箋受付」「あなたのかかりつけ薬局」という大きな看板が目に入ります。きちんと処方箋調剤ができる薬局ということを地域に伝えようという姿勢が伝わってきます。
また、外観でのPRは処方箋調剤だけではありません。ポスターフレームや幟を活用して「様々な疾患の相談ができる専門店」ということもアピール。
藤巻先生のお店の周辺もご多分に漏れず大手のドラッグストアが多数出店をしており、ひと目で「どんなことができる薬局なのか?」ということが伝わる外観、地域で選ばれるためのアピールがしっかりとされておりました。
店内も調剤だけの薬局でないことを積極的にアピールされておりました。連合会で作製した「効くと治す」陳列ボードも積極的に活用。日専同会員店の大きな武器である「後鼻漏」はタペストリーや大きなポスターを店内に掲示して調剤で待っているお客様に興味を持っていただけるような様々な提案をされております。
調剤の待合も広くゆったりとスペースが取られており、机周りには宝脚販売に合わせて設置した握力測定器や様々なチラシ、POPもあり、待合のお客様を飽きさせない工夫がされております。
そして、投薬スペースには今や大五堂薬局の大きな武器になっている「血流計」が設置されております。
このようなお店のスタイルに至るまでには、藤巻先生の様々な努力がありました。
藤巻先生は30歳で大五堂薬局を開業し、昨年でちょうど30周年を迎えたそうです。店内は今まで大きな改装を3回ほどしており、開店当初は処方箋調剤をまだ行っていなかったそうです。
藤巻先生は薬科大学を卒業後、病院薬剤師を5年行い、その後、市販薬販売の勉強もしたいと思い、OTC中心のお店で数年間修行され開業されたそうです。
開業当時は無農薬の野菜など健康志向の高い食品も販売するお店だったそうですが、近所に大きなスーパーや食品を扱うドラッグストアが出店し始めるなどして、開業5年目ぐらいから食品やOTCの販売が低迷し、「店を閉めようか」と思っていた時にダメ元でやってみようと思い処方箋調剤をスタートしたそうです。
当時の保険調剤はガチガチの門前薬局が主流の時代でしたが、OTCのお客様に声をかけ始めると徐々に処方箋を持ってきてくれるようになったそうです。そのようにして徐々に処方箋の枚数も伸びてきて、面分業の薬局としていろいろな医療機関の処方箋を持ってきてくれるようになったそうです。
そのときに藤巻先生が意識されたのが冒頭でお伝えした「外観」です。
処方箋を持ってきてもらえるような外見、看板を工夫することで門前調剤主流の中で「どこの処方箋でも大丈夫」という印象を与えることができたことが良かったのではないか? と藤巻先生はおっしゃっていました。しかしその反面、OTCのお客様が徐々に減少してきてしまいました。
そんな折、藤巻先生が体調を崩されます。6年前に大腸がんを患い、治療はうまくいきましたが、闘病の影響もあり体調は今ひとつだったそうです。そんな時にたまたま新規取り扱いの営業で湧永製薬の営業さんが訪問され、「ぜひ服用されてみてください」とキヨーレオピンを置いていかれたそうです。
レオピンに関する予備知識もまったくなかったそうなのですが、レオピンを服用するとカラダの疲れが非常に取れ、続けて服用することでカラダが非常に楽になり「これはいい商品だ」と思い、取引を始めたそうです。
当初は「レオピン」という商品を取り扱うために日専同にも入会されたのですが、入会後に参加した各種研修会の内容が非常に素晴らしく、特に後鼻漏と胆汁の話は目からウロコの話ばかりで、日専同の研修に積極的に参加されるようになったそうです。
ちょうどその時は「不幸中の幸い」で、長年地域貢献で行っていた少年野球の指導を病気をきっかけに退かれており、それまでは毎週日曜日は少年野球ばかりの生活でしたが、日曜日の研修にも参加できる状態になっており、「ちょうどタイミング的にもよかったのかもしれません」と藤巻先生はおっしゃっていました。
そんな大五堂薬局さんですが、お店の周りは4~5軒のドラッグストアに包囲されている状態。
ドラッグストアも保険調剤を始めており、大手ならではの様々なサービスの提供もあり、なにかお店の魅力をつくらないといけないと感じていた時に導入したのが「血流計」です。紹介された当初は調剤でお店も忙しいし、自分には血流計なんて無理、と思ったそうですが、ドラッグストアに包囲されており、その当時は大きな危機感を藤巻先生は感じていたそうです。
なにかアクションを起こしてお客様を呼び込まないと地域に必要とされるお店として残ることができないと思い、ちょうどよいタイミングで湧永製薬の片根支店長からの提案もあり、血流計を導入したそうです。
導入以降は「こんな素晴らしいものがあるんだ」と血流計の素晴らしさを実感されているそうです。
導入して測定をすると、今まで以上にお客様が自分のことを信頼してくれて、測定することでただ普通に調剤の投薬をしたり、市販薬販売の接客をするだけよりもお客様との距離が縮まり、いろいろなお話、家庭環境のお話など、今までそんなことは一言も喋らなかったようなお客様が話をしてくれるようになり、藤巻先生ご自身も驚いたそうです。
藤巻先生は「コミュニケーションツールとしては最高のものだと思います。少々値段は高いですが、「なんとかしなくては」という危機感があったので、そのときはアンテナが立っていたのでしょうね。すぐに購入しました」と笑顔で話されていました。
藤巻先生が大躍進をされている大きな理由の一つが、このピンチをチャンスに変える素晴らしい行動力だと思います。
藤巻先生は、「日専同の先生方は腹の中を隠さずに、いろいろことを話してくれる。こんな会は他にありません。そして、聞いた話を素直に実践することでお客様が喜んでくれるのが非常に嬉しい」とお話しされていました。
藤巻先生は、最近時間が空くと『鼎の物差し』を読むのにハマっているそうで、根底になる健康哲学があるのも日専同のすばらしいところで、家族的なつながりも非常に大好きということでした。
藤巻先生は「時代に合わせて変化していくことが大切。今のお客様は本当に健康に関する相談をする場所がなく、前連長で、本部理事の吉田裕子先生が、「藤巻先生~! これからは相談が良いわよ~‼」と力強く言われていたのがすごく印象的で、これからの薬局に相談は絶対に必要なスキルだと思います」と熱く話してくれました。
今後のお店の方向性をお聞きすると、「理想はOTCだけでやっていきたいが、これからますます「本物の」かかりつけ薬局の役割が重要になってくるので、地域の方の処方箋調剤と「効くと治す」ということ、自然治癒力をお客様にお伝えしていけるような薬局にしていきたい」と目を輝かせてお話をされておりました。
こんな藤巻先生のいらっしゃる大五堂薬局さんは、これからも地域で必要とされる薬局であり続けると思います。藤巻先生、取材へのご協力、本当にありがとうございました。

  • 店名大五堂薬局
  • 代 表 者藤巻太二先生
  • 所在地203−0053 東京都東久留米市本町3 −6 −8
  • 電話042(474)7777
  • FAX042(474)3520
  • 創業1991年
  • 商品構成調剤 85% OTC 7% 健康食品 5% 雑貨・化粧品 医療衛生
  • 平均客数30名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間平日9時~19時半 土曜9時〜17時半
  • 店舗面積80m2
  • 従事者藤巻太二先生 藤巻実枝子先生 他薬剤師2名 事務員2名

記者/渡部穣(東北連前情報部長)

山下至誠堂薬局肥前店 2022年4月号(No539)

山下至誠堂薬局肥前店

今回ご紹介するお店は、佐賀県の北部唐津市にある、山下至誠堂薬局肥前店さんです。唐津市肥前町は、福岡空港から1時間半くらい、佐賀市からも1時間半くらいの場所にあります。町の中心産業は漁業で、今ではかなり少なくなりましたが、肥前町の中心地より車で10分くらいの離れた玄海町という所では、鯛や真珠の養殖もおこなわれています。
また、肥前町の観光名所として、『いろは島』があります。いろは島は玄海国定公園の一角を占める伊万里湾に浮かぶ、大小48ほどの島々の総称です。いろは48文字にちなんで、空海(弘法大師)が名付けたといわれ、青い海とその中に浮かぶ緑の島々の美しさには、さすがの弘法大師も筆を投げたと伝えられています。
島山島(しまやましま)以外の島に渡ることはできませんが、高台に設置された展望台から、いろは島を一望できます。この全長1・3㎞の島山島周辺にあるのが「花と冒険の島」。「花と冒険の島」には、宿泊施設のコテージや五右衛門風呂体験・キャンプ等ができる「ふれあい自然塾ひぜん」、夏場には2カ所ある遠浅の砂浜で海水浴を楽しむことができます。
また、波静かな海では、シーカヤックが楽しめ、カヤッカーには大好評のスポットです。シーカヤックをお持ちでない方でも「ふれあい自然塾 ひぜん」に事前に予約を申し込めば、レンタルカヤックで技術と体力に応じた海上ツーリングを有料で楽しむことができます。キャンプ場を中心に、いろいろな自然体験メニューと美しい景色を満喫できる自然派志向の素敵な場所です。
また、近くには2009年に開通した肥前町星賀と長崎県松浦市鷹島町神崎免を結ぶ大橋があります。鷹島はマグロの養殖で有名で、大橋を渡った側にある道の駅では、新鮮なマグロのお刺身や玄界灘で捕れた鮮魚を使った海鮮丼なども食すことができます。
そんな観光スポットに立ち寄りながら、佐賀市より車で1時間半かけて山下至誠堂薬局肥前店さんに取材に伺いました。
山下至誠堂薬局さんは、烏賊で有名な同じ唐津市呼子町で創業されたそうです。創業は明治45年で、今の社長で4代目になるそうです。肥前店の他にも唐津市内でドラッグストアや調剤を9店舗運営されています。その中で今回は、日専同の会員店舗の肥前店さんを取材させていただきました。この唐津市の肥前地区には、薬局が1店舗しかなく、地域の健康を守るために、調剤薬局としてだけでなく、一般用医薬品から日用品、介護用品に至るまでいろいろ販売されていらっしゃいます。
店長の坂本先生は、この店舗に赴任して15年だそうです。明るく元気な先生で、お客様にも親しくお声かけされていました。取材にお伺いしたのは、ちょうど12時少し過ぎだったのですが、調剤のお客様が多く、少し待ってお話をお伺いいたしました。
坂本先生にお伺いしたところ、日専同に入会して約10年だそうです。取扱当時は、販売に手間が掛かる商品という印象を持たれていたそうです。しかし、入会してすぐに、九連の副連長であった今泉和也先生が店舗に来てくださり、一からレオピンのことだけでなく日専同の成り立ちから販売方法に至るまで、いろいろとご指導してくださったそうです。そのお陰で、今ではレオピンだけでなく、湧永商品、そして日専同のことが大好きになられたそうです。
取材の途中に、つい最近の湧永商品の体験談もお話ししていただけました。
少し前にコロナワクチンの3回目予防接種終了後、体調が悪く、解熱剤を飲んでも全く調子が良くならなかったそうですが、人参牛黄の解熱作用のことを思い出し、服用したらすぐに良くなったことを話されていました。自分の体調が悪い時には、すぐに湧永商品でどれを服用したらよいか、考えてしまうそうです。
最後に、どのような気持ちでお客様と接されているかをお伺いいたしました。
働かれている地区には、前述したように、ドラッグストアも薬局も他にはなく、先生のお店だけとのことです。なので、薬剤師さんは、基本調剤や在宅患者さんの対応に当たられて、坂本店長ともう一人の常勤スタッフ(管理栄養士)の宮崎先生を中心に店舗ドラッグストアの運営をされているそうです。しかし、他にお店があまりないとはいえ、車で30分行けば、大手のドラッグストアがあり、CMしているような医薬品や日用品の販売は厳しいので、大好きな湧永商品を中心に販売されているとのことでした。
しかし、高齢者にとっては地域の唯一の薬局として、そして車でカンタンに移動できない高齢者のためにも、日用品や介護用品の品揃えを豊富にされているとのことでした。「今後も地域の方のために、必要なお店となるように努力していきたいと思います」とおっしゃっていました。
最近では、どの地域にも調剤を併設されている会員店舗も増えているように思えます。店舗によって、湧永商品の活用方法はそれぞれだと思います。でも、日専同の部会や研修で学んだことを、シッカリとお店に戻ってお客様に伝えていけば、どのような状況になっても、地域にとって必要な店舗になると思います。今回は、このようなコロナ禍の時期、またお忙しい中、取材を快く受けていただきありがとうございました。

  • 店名山下至誠堂薬局 肥前店
  • 代 表 者山下善太郎先生
  • 所在地847-1526 佐賀県唐津市肥前 町入野甲1961−18
  • 電話0955(51)6233
  • FAX0955(51)6232
  • 創業明治45年
  • 商品構成調剤 50% 医薬品 25% 化粧品 10% 日用品 15%
  • 平均客数80名
  • 定休日元日のみ
  • 営業時間9時~20時
  • 店舗面積213m2
  • 従事者山下沙織先生 坂本喜美子先生 小松愛子先生 宮崎 結さん

記者/早川 弘太(関一連情報部長)

くぼ薬舗 2022年3月号(No538)

くぼ薬舗

今回、四国連合会からご紹介させていただくお店は、久保隆之先生が経営する香川県高松市の「くぼ薬舗」さんです。お店は戦前の昭和13年に隆之先生のおじい様・久保隆盛先生が「井筒屋薬局」として開局し、現在令和4年で創業84年となる歴史あるお店です。「クボ薬局」を経て現在は「くぼ薬舗」として、薬局部門は「漢方薬局・元気通り」として活動されています。
創業者の隆盛先生は体が弱く、そのため薬剤師となり、健康とは如何なるものか、薬で改善するものなのかを追求していたそうですが、残念ながら長き生命を保つことはできなかったそうです。隆之先生のお父様も薬剤師となり、総合病院で長い間、薬局長を務めていたそうですが、平均寿命までに至らなかったようです。現在の当主隆之先生も当初、総合病院勤務をしていましたが、ご自分の親族の様子を見て嘆き「本当の健康とは? 本当の治療とは?」ということを追求しようと、今の個人店としての道を選ばれたそうです。
個人店としての薬局業を始められた当初は、現在のお店ではなく、地元にあるショッピングセンター内に、現在のお店の姉妹店としてのインショップで活動されていましたが、お母様がお亡くなりになられてからは、インショップ店を出られて、お母様がおられた現在のお店で活動を始められました。
お店は高松駅から5㎞ほど離れた少し入り組んだ通りに位置していますが、道路に面した店舗の全面には虹をかけたような曲線のデザインの看板が大きく弧を広げて、元気通りと名付けられた店舗名に相応しく、地域の人達の元気の発信地としてピッタリだと感じられます。
中へ入ると右手には医薬品コーナーで気軽に相談できるカウンターが並び、左手には相談テーブルがあり、じっくりと腰を据えてお話ができるスペースがあります。その向こうに目をやると、何やらお薬屋さんでは見慣れないコーナーが目に入ります。何でしょうか?
日専同で培った健康指導で、治療よりも予防、病気になった後も決して自己免疫力、自然治癒力を無視しないアドバイスを心掛けて店頭に立っていらっしゃるのですが、くぼ薬舗さんの他店にない特徴は、スピリチュアルなオラクルカードやタロットカードの販売もされているところです。お薬屋さんとカード?(最初はピンときませんでした)しかも、その品揃えは中途半端なものではなく、国内最大級だそうです! これにはビックリです。マニアにとっては垂涎の的であるのは間違いないと思われます。
当然それに関する知識も並大抵のものではなく、カードのみならず、漢方薬局として漢方に縁の深い陰陽五行四柱推命の鑑定もされており、これはカウンセリングしていく上で大きな武器になると感じました。やはりお薬屋さんとカードはしっかり組み合わさるものなのですね。現代社会では多くの病の始まりが心の問題だと言われる中、隆之先生は、心の面からサポートできる鑑定を実際に店頭でも活かしていらっしゃるということです。普段は物静かな先生ですが、一度お話を始めると、次々と専門的な深いお話を聴くことができます。しっかり「一休」をされて、相手のご様子をしっかりと感じていらっしゃるのだと思います。
こういった他店にない特徴を持ったお店づくりができているのは、本当に強みであり、長年培ってきた賜物だと思いました。今の時代、個人店として小さなお店がどうやって自分のお店を知ってもらい、足を運んでもらうかが大きな課題である現状の中、自分の趣味がそのまま武器になっているのは羨ましくも感じました。接客で心掛けているのは「原因ありて結果あり」をお客様によく理解してもらい、病に至るまでの原因をカウンセリングで引き出し、しっかり理解してもらうということ。
お店の全面に大きく架かる虹の架け橋のように、日専同で培ったカウンセリングと先生独自のカード操作を組み合わせた心と心が通い合う相談で、お客様の心に晴れ間が出てくる様子が目に浮かびます。お店を出る時には晴れ晴れとした気持ちで次の来店が楽しみになることでしょう。隆之先生とともに女性の目線で優しくカウンセリングする理華先生とスタッフの石原さんがいることで、より一層店内が明るい雰囲気となり、地域の方々の健康をサポートしていると感じられるお店でした。
これからも人助けの精神に徹してたくさんの方々のお悩みに寄り添っていかれるのだと思います。益々のご活躍とお店の繁栄をお祈りしております。
この度はお店の紹介を快く受けていただき誠にありがとうございました。

  • 店名くぼ薬舗
  • 代 表 者久保隆之先生
  • 所在地761−8012 香川県高松市香西本町414−1
  • 電話087(881)3071
  • FAX087(881)4598
  • 創業1924年
  • 商品構成医薬品 40% 健康食品 30%
  • 平均客数5名
  • 定休日日曜・月曜
  • 営業時間9時~19時
  • 店舗面積25坪
  • 従事者久保隆之先生 久保理華先生 石原美容子さん

記者/井川 望(四国連前情報部長)