日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

健康相談処たつおか 2021年10月号(No533)

健康相談処たつおか(

全国の先生方、こんにちは。今回近畿第二連合会よりご紹介するお店は、ゼミ・連研講師でお馴染みの立岡万利夫先生のお店、「健康相談処たつおか」です。
場所は、滋賀県甲賀市土山町にあります。土山町といえば、東海道五十三次の四十九番目の宿場町です。町内にある田村神社には、征夷大将軍で有名な坂上田村麻呂が祀られています。また、土山茶は江戸時代から生産が行われていて、今でも特産品となっています。お店は、平成20年に開通した新名神高速道路、甲賀土山インターに程近く国道1号線沿いの路面店です。
それでは、万利夫先生へのインタビューを始めたいと思います。
−まずは、薬屋になられたきっかけをお聞かせ下さい。
両親は、薬屋とは全く違う仕事をしていました。父は、トレーラーやタクシーの運転手、母は、パートで私たち兄弟を育ててくれました(ちなみに弟の勇雄先生も日専同会員で、前滋賀部会長をされていました)。高校の時、大阪薬種商専門学校の存在を知り、薬屋を目指しました。その後、実務経験を経て、昭和62年の22歳の時に、父が用意してくれていた新興住宅で「ドラッグタツオカ」を開業しました。
−日専同入会はいつ頃ですか?
創業時に入会したかったのですが、近隣店の問題があり、入会には7年かかりました。もちろん同時にヤングにも入会し、待ちに待ったレオピンでしたので、入会当月の推売が130本だったことを覚えています。入会して間もない頃、中村彰宏先生のお声かけで、佐藤久人先生の勉強会が京都で開催されることになり参加しました。
第一回の勉強会に参加してみると、近二連の重鎮の先生方が20人ほどお出ででした。そんな中に新人の私がいて「えらい会に参加してしまった」と後悔しましたが、今では、そこで教えていただいたことが店頭の基礎になっているように思います。
−今の土山のお店はどういった経緯でオープンされたのですか?
もともと大型店舗の多店舗展開をやりたかったので、平成10年にプラスチック工場だったところを借りて300坪の土地に売り場面積70坪のドラッグストアをオープンしました。
−理想のお店をオープンされていかがでしたか?
オープン当初は、安売りのチラシを撒き集客し、売り上げも右肩上がりで順調でしたが、レオピンの販売は減っていきました。その時の悩みが「ドラッグタツオカへ行くとレオピン、レオピンとレオピンを売りたがる」というお客様からの声や、レオピンをやめて来店されないお客様が目につき、レオピンをすすめることに躊躇していました。
−それは困りました!どうやってそのピンチを切り抜けたのですか?
平成13 年の春ゼミに、九州の柏木晃先生がお越しになっていて、ヤング部屋でそのことを相談させていただきました。先生のご回答は、「そのお客様とは縁が無かったと思って諦めなさい。でも、立岡先生を頼って来られているお客様をもっと大切にしなさい」とご指導いただき、それを聞いて吹っ切れました。これが私のターニングポイントでした。
それからは躊躇なくレオピンを推売できるようになりました。そして、推売も伸び、翌年滋賀部会長を拝命することになりました(汗)。その後は連合会の執行部長を経て、今は江島副会長の率いるデジタル企画委員をさせていただいております。
−その後、ドラッグストアの進出があったようですね。
そうなんです。平成18年に200m先に大手のドラッグストアが進出してきて大打撃を受けました。しかし、柏木先生のご指導以降、安売りのチラシから啓蒙チラシへ移行していましたので、被害を最小限に食い止めることができ、柏木先生には感謝しています。そのこともあり、その後はチラシやDM作りのスキルアップに力を注ぎました。
−昨年11月に新装開店されました。今までとお店の雰囲気がガラッと変わりましたね。
平成10年に賃貸でドラッグストアを始めましたが、柏木先生のご指導などで店が相談薬店に変わっていきました。
そして、平成24年にお店を買い取ったことで、この店でこれからも営業していこうと思った時、店構え、什器、陳列などに違和感を感じるようになり、そのころからいつかお店を改装しようと思っていました。
各地の日専同のお店や異業種の落ち着いたお店(和菓子屋、梅干屋、ほうじ茶専門店など)を見学させていただき、プランを練ってきました。そして、数年前に今回取材いただいた相原先生のお店が改装されたことを知り、相原先生のお店を手がけられた設計士さんをご紹介いただき、昨年の4月に改装がスタートしました。
設計士さんにお願いしたのは「和菓子屋みたいな漢方薬店にしてください」でした。ところが出てきたプランは「居酒屋みたいな漢方薬店」でした(笑)。そこで修正を重ね、理想のお店に近づけていきました。今回の探訪記は、その相原先生からのご依頼でしたので、断ることができませんでした(笑)。
−私も喜んでいただけて嬉しいです。新しいお店のこだわりをお聞かせください。
今年創業35周年を迎えるにあたり、薬屋としての集大成の思いで、まるで隠居部屋をつくる思いで取り組みました。まずは、外観ですが、宿場町の町家をイメージしましたので、店名を「健康相談処たつおか」に変更し、木目調の看板に私が店名を書き、こげ茶色の壁に掲げました。その上には、大きく「漢方薬」の看板を掲げ、相談薬店をアピールしました。
内装は、和室をイメージし、木目の天井、石畳風の床、土壁風の壁、陳列棚の上にもこげ茶色のラインを入れました。照明は、落ち着いた空間をつくるために、ベース照明を控えてスポットライトやダウンライトを多用しました。日没後は、スポットライトのみで営業しています。また、カウンターの高さは、立っても座っても接客できる高さにし、カウンターの後ろは、レオピンやオイゲン・シュネル氏のクリスタルアートを中心にディスプレーしています。相談机の後ろにも、湧永製薬販促物の人体模型で専門性をアピールしています。
そして、白衣も町家風に変えてみました。茶色の白衣を探していましたが、見つからなかったので、玉ねぎの皮で染めました。イメージ通りで大変気に入って、半袖と長袖5着を染めました。
−販促に関してお聞かせください。
当店では、毎月新聞折り込み啓蒙チラシを4万枚弱撒き、DMを450枚送っています。チラシ作成では、試行錯誤を繰り返し、一番反応が良かったデザインを繰り返し使っています。
DMは、B5の透明ナイロン封筒を使用しています。表紙の絵手紙は、お客様の反応が良いので、今ではやめられなくなっています。DMの中には、講演で聞いてきた内容をお客様に伝えるツールとして「たつおか新聞」を書いています。最近は講演をお聞きする機会が少なくなり、ネタ不足で困っています。新聞折り込みチラシで新規客を獲得して、DMでロイヤルカスタマーに育てていき、地域の健康維持に努めています。SNSは苦手なので、たまにしか更新できませんが、ブログだけは一応やっています。
今後のビジョンを教えてくださ い。
ドラッグストアと調剤薬局が大勢を占める中、相談一本の日専同薬店を邁進していこうと思います。

お忙しい中、取材にご協力いただき、本当にありがとうございます。万利夫先生のこだわりのお店を全国の先生方にご紹介できて、情報担当としても幸せです。素敵な奥様と二人三脚で、地域の皆様の元氣創造サポートをどうぞよろしくお願いします。万利夫先生のさらなるご活躍を心よりお祈りいたします。

  • 店名健康相談処たつおか
  • 代 表 者立岡万利夫先生
  • 所在地528−0235 滋賀県甲賀市土山町大野4958−1
  • 電話0748(67)1358
  • FAX0748(67)1358
  • 創業1987年
  • 商品構成医薬品 40% 健康食品 50% 化粧品 5% その他 5%
  • 平均客数10名
  • 定休日日曜日
  • 営業時間9時~19時半
  • 店舗面積24坪
  • 従事者立岡万利夫先生 立岡昌美先生

記者/相原 統(近二連情報部長)

シスター薬局 2021年9月号(No532)

シスター薬局

全国の先生方、こんにちは。今回、近畿第一連合会からご紹介するお店は「シスター薬局」様です。ご店主は昨年来のコロナ禍の苦境の中、いつも熱い気持ちで連合会の先生方を鼓舞してくれる我らが連合会長、村上裕先生です。
今回は連合会長としてではなく、シスター薬局のご店主として店頭における心構えや信念、お客様へのお気持ちなどを伺ってまいりました。
お店のある大阪府豊中市は、大阪府北部に位置する人口約40万人の中核都市です。大阪市中心部から15km圏内に位置し、その利便性からベッドタウンとして栄えています。お店は阪急電鉄豊中駅南改札からすぐのところにあります。
お店のすぐ近くには湧永製薬㈱の創業者・湧永満之社主ご家族が長くお住まいになられたお家があり、裕先生の叔母様が故湧永儀助様と草井元会長の高校の同級生であったりと、湧永製薬㈱とはなにかとご縁があるそうです。
シスター薬局様は昭和30年に裕先生のお母さま(松子先生)が当時まだ薬学生だった妹の谷恒子先生とともに開局されました。開局当時は若い女性二人での営業ということで、ご近所からも厳しい目で見られたり、薬剤師会からも冷遇されたりとご苦労も多かったそうです。
その後、裕先生のお父様の嘉三郎先生とご結婚され、ともに店頭に立たれるようになりました。日専同にはレオピン会時代より参加され、主に嘉三郎先生が日専同の会合にご出席されていました。
裕先生はドラッグストアにお勤めでしたが、医薬分業が急速に進み、処方箋枚数の増加でお店が忙しくなったため、平成14年にシスター薬局に戻られました。裕先生が戻られてからも日専同行事にはすべて嘉三郎先生が参加され、結局、嘉三郎先生がお亡くなりになるまで裕先生が日専同に関わることはなかったそうです。
裕先生の日専同デビューは新年決起大会だったそうですが、右も左もわからないなか参加した当時の出来事を振り返り、「初対面のおっさんにいきなり怒られた」そうです。
これは裕先生が何かやらかしたわけではなく、嘉三郎先生がお亡くなりになったのが年末だったため、連合会、湧永製薬㈱への連絡が年明けになってしまったためで、「なんで教えてくれへんかったん や」「お父さん、どんだけ日専同に貢献してくれたと思ってんねん」等々初対面の先生方にいろいろと言われて平身低頭の裕先生でしたが、普段店頭でともに働く父とは違う、裕先生の知らない日専同での父の一面を知ることができてよかったと思ったそうです。
現在、本店は裕先生と叔母様の谷恒子先生、スタッフ数名で営業されており、支店の上野シスター薬局には松子先生が店頭に立たれています。調剤は恒子先生とスタッフに任せ、裕先生は店頭での健康相談とレオピンの推売に勤しんでおられます。
店頭活動で最も意識している点は、「納得して買っていただく」ということだそうです。とことんまで説明して納得して買っていただく。自分の体の状況確認、なぜそうなったのか? どうすれば治るのか? 飲んでいる薬の働き、「効くと治る」の違いなど、日専同流健康指導の基本を繰り返し説明する。調剤の待ち時間にしかお話しできないお客様には数回に分けて説明をし、経過は薬歴に記載されているそうです。
逆に風邪などの急性期のお客様にはあえて深く説明しないケースもあるそうです。これは冬に近所の耳鼻科のお客様が多くなり時間がとれなくなった結果、「納得」ではなく「説得」で売ってしまうことが嫌なのだそうです。もちろん時間が十分とれる時や急性期でもなかなか治らず繰り返し来局されるお客様にはキッチリお話しされるそうです。
販売の「数」より「質」にこだわる裕先生のお話を伺い、新規の「数」に固執し「売れればいいや」と思ってしまう私の思慮の浅さを恥じ入るばかりでした。
昨年来のコロナ禍で特に感じることは、「コロナ鬱」の増加だそうです。駅前なのでメンタルクリニックも多く、精神疾患関連の処方箋も多く受けられていますが、昨年から明らかに増加しているそうです。このような患者様は薬が増えることを嫌がる傾向にあり、レオピン、エナックWを継続していただくと処方薬が減り、大変喜ばれるそうです。
豊中市では今年の4月より65歳以上のコロナ無症状の方を対象に任意で無料のPCR検査を実施しています。シスター薬局様は検体の回収指定薬局になっています。検体の取り扱いの煩雑さや問い合わせなどによる日常業務への影響も大きいと予想されたため、他の薬局が参加に消極的だった中、綱領の精神で地域貢献のために参加を決断されました。
結果、想像以上に大変だったそうですが、検体を持って初めて来局される方も多く、お店の存在を知ってもらう上では大変有効でした。また、検査を受けるということは、コロナに対して不安や恐れがあるからで、そういった方のお話を伺ったり、正確な情報を提供することで「不安」を「安心」に変えてあげることができる。一人でも多くの人の不安を解消することができたのなら大変だったけれど参加してよかったと裕先生はおっしゃっていました。
豊中駅前という好立地故に周囲に薬局やドラッグストアが多く、競争が激しいですが、長きにわたり豊中駅前に君臨し続けるシスター薬局様。
「しっかり説明してくれるからシスターさん好き」「ここの薬局はよく話をきいてくれる」など、お店のファンも多く、「そういった声が本当に励みになるしうれしい。やってきたことが間違いではなかったんだなと思います。なにより自分を信じて買ってくれることがありがたい」とうれしそうに語っていただきました。
いろいろとお話を伺いましたが、終始一貫「お客様のため」。裕先生のお人柄そのままの店頭でのお姿でした。
勝負の連長二期目にコロナに振り回され、役員会ではいつも難しい顔で悩んでいるお姿が印象的な村上連長。「僕は仕事が遅いから……」とご謙遜されながら、お店の開店前、閉店後数時間を日専同の仕事に充てられ帰宅が23時になることもある村上連長。「口下手で話すのが苦手」とおっしゃいますが、伝えたいことや想いが多すぎて口の中で渋滞しているだけです。連合会の先生方には十分伝わっていますよ。
まだまだ大変な状況で難しい舵取りが続きますが、頑張りすぎて体調を崩さぬよう休める時はしっかり休んでください。我々近一連の会員は、連長についていくだけです。これからもよろしくお願いします。
最後になりましたが、お忙しい中、取材にご協力いただき誠にありがとうございました。

  • 店名シスター薬局
  • 代 表 者村上 裕先生
  • 所在地560−0021 大阪府豊中市本町1-12-3
  • 電話06(6852)3937
  • FAX06(6846)5875
  • 創業1946年
  • 商品構成調剤 45% 医薬品 40% 健康食品 5% 化粧品 5% 雑貨 5%
  • 平均客数50名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間月~金 9時~21時 土 9時〜15時
  • 店舗面積6坪
  • 従事者谷 恒子先生 乾 真智子先生 藤井本里江子先生 原 加奈枝先生 戸島香里先生 北條京子先生

記者/米川元章(近一連情報部長)

岐東薬局 2021年8月号(No531)

岐東薬局

今回のお店探訪記は、中部連合会岐阜第一部会、岐東薬局さんです。創業は昭和21年。40年前(昭和56年)から林五三先生が引き継いでお店をされています。33歳の時に部会長をされ、そこから筆頭部会長、副連長、連長を歴任され、まさしくザ・日専同!という先生で、現在は日専同本部理事をされています。
お店は岐阜市の中心街、柳ヶ瀬から車で5分。斎藤道三、織田信長、「麒麟がくる」でおなじみの明智光秀ゆかりの金華山、岐阜城のすぐ南に位置しています。昔は薬局の前の道路に美濃町線の路面電車が走っていたそうです。
店名の由来は、岐阜市東部に位置するため「岐東薬局」……だそうです(もっとこだわりがあると思ったのですが……残念)。
取材中、真っ先に目に留まったのが、下呂膏の山積み! 聞けば、五三先生の奥様の遠縁にあたる方が、奥田家宗家だそうです。ご当地あるある(笑)その①。
お店は、五三先生、奥様の道子先生、息子さんの祐輔先生、奥様の藍子先生、玉井幸子先生で営まれています。25年くらい前、本格的に院外処方せんが始まった頃に薬局の裏に内科クリニックが開院。同時に門前薬局がやってきました。どうなることかと心配されたようですが、昔からのお客様は先生の所に変わらず来てくれているそうです。さすが、日ごろお客様との信頼関係ができているからこそですよね。
そんな先生のお姿をずっと見られていた娘さん、息子さんも薬剤師になられ3年前から祐輔先生が戻られ、奥様(藍子先生)とともに調剤・在宅をメインに活動されています。祐輔先生は、ヤングライオンズに入られご活躍されています。五三先生はOTCと調剤、道子先生はOTCと化粧品を主に担当されています。
五三先生が長い間日専同の役をしていて、行事で留守が多いため、道子先生が留守をサポートされています。家事と仕事を両立され、私も見習うところがたくさんありました。偶然にもうちのお店も同じ化粧品を取り扱っていることを話すと、道子先生が私の手をとりスキンケア実習をしながら商品をわかりやすく丁寧に説明してくれました。自分がカウンセリングを受けるという立場になり、とても新鮮な気持ちになり、思わず「買います」と言いそうでした。どこでも化粧品が買える時代に、対面でお客様との信頼関係をもって活動されている先生は、素敵だなと思いました。
ふとエステコーナーをみると、水槽が……。中をのぞくと小さい魚がいっぱい泳いでいてメダカ?と思ったら、「コッピー」だそうです。メーカーから10匹もらったのが始まりで、それから増えに増え、今はなんと水槽は4つ? 5つ? 100匹はいるそうです。道子先生曰く、簡単に増えちゃったのよと笑っていました。
他にも店内には珍しいものがありました。聞けば、美濃織部焼のニンニクマン(笑)ご当地あるあるその②。中部連合会が全国大会を開催したときに先生が考案。先生の大好きなペンギンをモデルにして作られたそうです。そういえば、お店のあちこちにペンギンの姿が……。ペンギン愛が溢れています。ほかにも(以前の話です)グリーン末を使ったういろうを作り「ぎとうういろう」と名付け健康の集いでお客様に配ったそうです。
思ったことを行動に移せることが凄いです。行動力の凄さは他にもあります。先生は節目の年に(48~50歳)富士登山を計画され実際に登頂されました!(『恵気素』にも掲載されました)。また、60歳でハーフマラソンにも初挑戦。制限時間内に完走されたそうです(こちらも『恵気素』に掲載されています)。また新たな挑戦をされる時は取材させてください♪
いろいろな趣味をお持ちの先生ですが、一番の財産は「日専同の仲間」と即答してくださいました。「仲間の先生のお店がオープンする時はみんなで応援に行って、オープンセールを盛り上げたんだよ」と本当に嬉しそうにお話しされていました。「みんなで頑張ってきた仲間、同志だからこそ、苦しくてもやってこられたと思う。一人でやるのは続かないからね」ともおっしゃっていました。日専同愛に溢れています。
お店のモットーは、「すべてのものをレオピンにつなげたい」「調剤、化粧品、OTCで来店されるお客様すべてにレオピンを推めたい」とおっしゃっていました。私のお店も同じ形態なので賛同します。
五三先生は、部会に参加して40年になるそうです。以前から閉店後に同志の先生方とともに勉強会を開き、後輩の育成に力を注がれているそうです。まだまだ未熟な私たちをお導きください。
今回の取材にあたり、20年前に『恵気素』に掲載された若かりし頃の先生のお写真を拝見しました(お変わりない姿に……笑)。
この度はお忙しい中、急な取材を快くお引き受けくださいまして、ありがとうございました。

  • 店名岐東薬局
  • 代 表 者林 五三先生
  • 所在地500−8137 岐阜県岐阜市東興町17
  • 電話058(246)1676
  • FAX058(246)1628
  • 創業1946年
  • 商品構成医薬品 30% 調剤 25% 健康食品 10% 化粧品 30% その他 5%
  • 平均客数30名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間8時半~20時
  • 店舗面積100m2
  • 従事者林 五三先生 林 道子先生 林 祐輔先生 林 藍子先生 玉井幸子先生

記者/杉浦敦子(中部連情報部長)