日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

堤常仁堂薬局

堤常仁堂薬局

今回、九州連合会が紹介させていただく店舗は、九州連合会長崎部会の部会長をされている、達富富美先生の店舗、堤常仁堂薬局様です。
お店は、長崎県の佐世保市にあります。佐世保市は、長崎県北部の中心都市で、長崎県では長崎市に次いで二番目、九州では九番目に多い人口を擁する街です。かつては、旧海軍四軍港(横須賀・呉・佐世保・舞鶴)の一つとして鎮守府がおかれ、現代でも自衛隊や在日米軍の基地として伝統を受け継ぐ、造船および国防の町として有名です。その佐世保市でも、中心部アーケード街の真ん中辺りに店舗を構えられています。店舗は三階建ての高さまでラッピング広告で、佐世保市の市花である『ハナミズキ』が描かれているので、店舗を訪れる際には目印になります(写真をご覧ください)。次に堤常仁堂薬局様の歴史についてです。開局が明治後期。創業一〇〇年を超える超老舗です。現在の社長・谷川玞祥子先生(達富部会長の母上)で三代目となります。堤常仁堂という屋号は、初代の社長(堤常一先生)がつけられ、現在の場所から少し離れた所(城山町)に開局されていたそうです。戦後すぐ、現在の場所に開局されました。その後、昭和33年10月に法人化され、その時の社長が谷川先生のお父様、堤常雄先生です。
谷川先生に日専同との出会いについてお伺いしました。
谷川先生は大学を卒業し、薬剤師の資格を取られた後、お父様の薬局にすぐに入られました。そのお父様と一緒に福岡県の志賀島で行われた日専同の研修へ一緒に参加されたのが、日専同との最初の出会いだそうです。その初めての参加が55年前!日専同発足前のレオピン会時代からだというので驚きです。
そんな谷川先生も研修に参加された当時は、大学を卒業してすぐにお父様の薬局に入られたばかりで、社会人としての経験が全くなかったそうです。しかし、日専同に入会していたおかげで、医薬品のことだけでなく、人間関係の築き方や、社会人としての振る舞いや子育てについてなどを諸先輩の先生方に教えていただいて今があることを、感慨深げに話していただきました。また、全国大会は第一回目から参加されたそうです。
谷川先生にこれまでの薬局経営の中で大切にされていることをお伺いしました。
「小さいながらも無理をせず、お客様のためを思って接客すること」と話されました。取材中、特に印象的だったのは、当日来られる予定のお客様を、質問にお答えいただきながらも気にされていたことです。取材終了後すぐに、気にされていたお客様が来られたのですが、その接客風景を見ていると、お客様にお薬の説明をするのではなく、日専同ならではの傾聴に徹し、お客様を笑顔にされている様子がとても印象的でした。まさに、日専同の綱領を型にした接客です。
さらに話をお伺いしていくと、私はまだ日専同歴が浅いため、諸先輩方からしかお伺いしたことがない、「柏木先生」のお話が出てきました。その柏木先生の奥様(友枝先生)が谷川先生の妹であることなど全く知らずに取材にお伺いしたことを恥じるばかりでした。
その有名な柏木先生にレオピンのことを教えたのは、なんと谷川先生と友枝先生だったそうです!この時に、九州連合会の深さを実感いたしました。さらに、谷川先生は36歳でヤングに入会され、三人のお子様を育てながらヤングにも日専同の行事にも参加され、店舗を発展させるため、地域のお客様のためにと、日々努力されたそうです。その中でもヤング時代の経験は、今の店頭活動にもすごく役に立っていることを教えていただきました。この記事を読んで下さっている会員の皆様、ぜひヤングに入会してみて下さい。今までと違った景色が見えるはずですよ。

次に、谷川先生の長女で、現在長崎部会長の達富富美先生に部会運営で気を付けていることなどをお伺いしました。
現在コロナ禍で、通常の部会が開催されずに、もどかしい状況だそうです。部会長になった当初は、部会内でティータイムを設けて部会の先生方と数多くコミュニケーションをとりたいと企画されていましたが、それが叶わず残念そうでした。それでも、現状でできることをしようと奮起されています。部会内の店舗訪問や、SNSなどのコミュニケーションツールを利用し、部会の先生方とコミュニケーションをとられているそうです。
その中でもグループLINEを頻繁に利用し、推売報告・販売に関する質問など、日専同歴が浅い先生だけでなく、ベテランの先生も気軽にグループLINEに参加しやすい雰囲気づくりに尽力され、九州連合会の中でも一番活発に利用されている部会の一つだと感じます。
そのようなお話をお伺いしていると、部会の先生方が和気藹々ながらも、レオピンの推売・販売に切磋琢磨できる環境づくりをされている、部会長のお手本のような存在であることを感じました。
最後に、今後の堤常仁堂薬局様の展望や目標についてお伺いいたしました。
谷川先生が大切にされている言葉は、写真にもあるように、「たった一度の人生たった一つの身体だからこそ健康で生きる様努力しよう」だそうです。この言葉は、ヤング時代に妹の友枝先生と一緒に考えた言葉ということでした。お客様にもいつもそれを伝え続けておられます。七年前には新しく達富先生が「ほっとできるらくになるまちの保健室へようこそ」というキャッチコピーをつくり、店舗のガラス面に書かれています。
これらの言葉があるように、谷川先生・達富先生親子は、お客様に「安心・満足・喜び」を感じてもらえるようなお店を目指して地域に開かれた薬局として精進されているのを感じることができました。

  • 店名堤常仁堂薬局
  • 代表者谷川玞祥子先生
  • 所在地〒857-0806 長崎県佐世保市島瀬町10-17
  • 電話0956(22)5227
  • FAX0956(59)5955
  • 商品構成医薬品45% 調剤45% その他10%
  • 平均客数20名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間8時~18時
  • 店舗面積10坪
  • 従事者谷川玞祥子先生 達富富美先生 黒川陽子先生 谷川智子先生 田代真智子先生

記者/山下 善太郎(九州連情報部長)

井川薬舗

井川薬舗

今回、四国連合会からのお店探訪記は、平成30年10月にリニューアルオープンされた井川薬舗さん。商家として5代目、133年の歴史を引き継ぐ井川望先生のお店は、徳島県美馬市脇町の城下町で豪商が競って建てた「うだつ」が残る街並みの近くにあります。この「うだつがあがる」の「うだつ」は、江戸時代中期以降、火災時の延焼を防ぐための防火壁のことで、そこに立派な装飾を施し自店の繁栄を誇り、近隣で競いあっていたとのことです。
創業の「井川房五郎商店」は、小間物・袋物・洗剤・文具など扱う商店から始まり、お父様の弘造先生の代では結納熨斗とお化粧品に特化し発展されました。その後、新規出店時、お兄様の博愛先生が薬局を新設させ、望先生が薬店として深化させています。
新装オープンしたお店は、夜には車のディーラーができたのか?とお客様に褒めてもらえるようなお洒落な外観に、細部にこだわった什器や間接照明など、とても居心地のよい空間に思えました。化粧品のお客様の割合が多いため、女性が入りやすく清潔なイメージを意識したそうです。望先生こだわりの一枚板のテーブルは、自然とその前に座りたくなるユラギ空間を演出しているようです。この席で血流系の測定やカウンセリングも行うそうですが、座るだけで調子良くなったり、測定値が良くなるかもしれませんよ、望先生。
井川薬舗さんの秘密は、販促にもあるようです。その一つがお母様(純子先生)の代から始めたオリジナルの販促手紙、ダイレクトメールです。当初はなんとガリ版刷りで始めたそうで、毎月欠かすことなく現在は700名以上のお客様に出されています。インクジェットとレーザープリンターまたネット印刷を駆使されていますが、なるべく手作り感を出すよう工夫され、見応えもたっぷり、重量もずっしりです。
毎月変わる季節の絵と700通すべて手書きの宛名を表紙に、ニューズレターが素晴らしい。スタッフ全員一人ひとりが手書きで毎月製作されています。お客様の中には、商品宣伝・紹介やセールお知らせの中身は見なくても、「このニューズレター(だけ)は読んでいるよ」という声も多いとか少ないとか......(とほほほ)。とはいえ商品の紹介チラシも、身体のこと、健康のこと、美容のことを分かっていただけるように図解やイラストを多く使う工夫は、毎月進化を止めません。
DMにはオリジナルのカレンダーに、翌月のイベントやセールの予定・新商品の発売日も欠かさず入れることで、お客様も店に行く予定を想像しやすく工夫されています。また、ペットの猫ちゃん、ワンちゃんの話題も入れることで、ペット好きのお客様の心も放しません。ともすれば、ゴミ箱直行のダイレクトメールですが、捨てられないような工夫と、お客様の美と健康を願う気持ちが伝わるようスタッフ全員が一枚一枚、一通一通、思いを込めて製作しているとのことです。
他にも、タウン誌への広告、部会の先生方と共同での新聞への後鼻漏広告、地元ショッピングモールで毎月健康教室でのワークショップなど、地域密着の集客活動で新しいお客様にもアピールを続けています。
また、望先生は当初KC型の白衣でしたが、現在はコダワリの黒(紺?)衣。その上、オリジナルの前掛け!薬局・薬店で前掛け姿を見るのは初めてかもしれません。実は、小豆島の醤油蔵ともお付き合いがあるそうで、樽作りを一緒に行ったりしているそうです。今では貴重な樽も個人で購入され、お客様とともにお味噌を造っているそうです。その際、前掛けの便利さを実感され、日常でも使用しているとのこと。意外とイケてます。望先生に、ぜひお客様に知ってほしいレオピン服薬のポイントは?と聞くと、「血液が元気になるって素晴らしいことです!飲んでいただく方の身体を丸ごと元気力が守ってくれる!」だそうです。また、年齢的にはアラフィフですが、ヤングへの入会の意思を尋ねると、「一度参加した時のヤングで感じたのは、モノ売りでなく、お客様のためになるホンモノのお薬と指導を学べ、とても良かったです。三気をもって三心をお伝えし、レオピンをお渡しする姿勢、そんな日専同の中孚指導は毎回毎月感動させられます」と、言葉に力がこもりましたが、入会の意思ははぐらかされました。
望先生の趣味はギターとその仲間たちとの憩い、それから合気道だそうです。世界共通言語の音楽で、海外にもご友人がたくさんいらっしゃるとか。時間があれば夫婦でイギリスに旅行に行きたいと漏らします。合気道は息子さんと姪っ子さんと一緒に始めて6年。何事にも揺らぐことのないブレない心と身体、その調和にとても役に立っているとか。
現在、情報部長を務める望先生、連合会内でも学術講演を行うなど、組織内でも精力的な活動を担っております。先生の益々のご活躍、連合会も応援しております。

  • 店名井川薬舗
  • 代 表 者井川望先生
  • 所在地〒779-3602 徳島県美馬市脇町大字猪尻字八幡神社下南157-1
  • 電話0883(52)1773
  • FAX0883(53)6199
  • 創業明治20年
  • 商品構成医薬品 25% 健康食品 15% 化粧品60%
  • 平均客数25名
  • 定休日日曜
  • 営業時間9時半~20時
  • 店舗面積90坪
  • 従事者井川望先生 井川朱美先生 井川純子先生 松岡恵美子さん 井久保君代さん 森西知子さん

記者/相原統(近二連情報部長)

ドラッグステップ六甲店

ドラッグステップ六甲店

全国の先生方、こんにちは。今回、近畿第三連合会から紹介させていただくのは、兵庫県神戸市灘区JR六甲道駅前にあります「ドラッグステップ六甲店」様です。ここで過去の記事(2014年5月号の『恵気素』)から上杉先生を思い出された方もおられると思いますが、実は当連合会の筆頭副連合会長の上杉益博先生のお店が新しく移転されました。できて10カ月のホヤホヤのお店の訪問を早速させていただくことになりました。前に所属していた会社とのフランチャイズ契約が終了し、引退も考えられましたが、頼ってくださるお客様のリクエストも多く、昨年の10月に同じビルの一階下の新規店舗に移転されました。前の店舗では客数も数百人で、日用雑貨からヘアケアまで揃える何でも屋をされていました。新店舗では通行客は激減しましたが、品揃えを医薬品、健康食品、化粧品に絞り、少ない来店客にきめ細かい健康相談をする日専同流健康指導を実践されています。
お店の中央には相談用の丸テーブル、店内・店外に所狭しと飾られている自家製のポップや装飾品の数々、クラシックなどの落ち着いた音楽の流れる中で、お客様との会話を大事にし、時間をかけて接客する場をつくられました。なんと、店内の什器のほとんどはご自分で設置されたらしく、経費をかけずにお客様にとっていかに心地よい雰囲気をつくるかに徹しておられる姿を垣間見ることができました。
趣味は音楽や旅行で、お酒もよく飲まれるようで、仕事の後の奥様との晩酌が最高の息抜きになられているとのことでした。ちなみに昨年は“ケツメイシ”のコンサートに3回行かれて、全国を飛び回っておられました。店舗にも飾ってある「気」の文字は、石川県の気多大社に行かれて毎年新しい気をいただいているとのことで した。プライベートが日専同に活かされていることを実感できました。
前職のトラック運転手からドラッグストアの店長に転職されて、同じ志をもった人たちの集まりを初めて知るようになりました。『鼎の物差し』や『恵気素』、会合などを通して、人とのつき合いや生き方を日専同で学び、これまで自分のため・家族のためと思っていたのが、お客様のため・地域のためにも行動できるようになられたとのことです。
お客様から「ありがとう」と言われることがうれしく、地域の店舗会の役員をされ、地域の人とも話す機会が増えたようです。昨日は70代女性の方が来店されたそうです。その方は一カ月前に来店されて、「脈拍数が多く、動悸があり、眠気がある」と症状を言われました。血が足りない、血流が悪いという話からレオピンロイヤルをおすすめされて、一カ月後に脈拍数は減り、趣味のコーラスもできるほどになられました。つらい症状がなくなり楽になられたようで、お客様は「もうやめてもいいですか?」と聞かれたそうです。もちろん上杉先生はレオピンを続けるようにお話しされたとのことです。また、身内の方で乳がんの手術をされて、ロイヤルと紅芝泉を規定量で続けられて再発もなく元気にされているとのことでした。
自分で飲んでみて、また身近な例からレオピンに対する信頼感がつき、レオピンが好きになられたそうです。お店に入ったところにあるレオピンタワーがすべてを物語っている気がしました。
今期から近三連の筆頭副連長として、会員先生方を引っ張っていく立場にありますが、気をつけられていることは、連長のセクレタリーとして補佐に徹することだそうです。○○しないように吉田連合会長を支えるのがお役目と心得ておられます。副連長としても日々を楽しく過ごされているようで、「お店は75歳(あと5年)で閉める」と言われましたが、末永く頑張ってほしいと思いました。
今回の店舗訪問で感じたのは、やはり「お店の柱は人」ということでした。どこへ行っても、店主がしっかりした健康相談をすれば大丈夫だと思いました。上杉先生の今後のご活躍を祈念いたします。

  • 店名ドラッグステップ 六甲店
  • 代表者上杉益博先生
  • 所在地〒657−0038 兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1−39メイン六甲Aビル128号
  • 電話078(862)9737
  • FAX078(862)9737
  • 商品構成医薬品 70% 化粧品 10% その他 20%
  • 平均客数10名
  • 定休日日曜
  • 営業時間9時~18時
  • 店舗面積8坪
  • 従事者上杉益博先生

記者/清水健一(近三連情報部長)