日専同

活動紹介

活動紹介

近畿第三連合会

近畿第三連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:チサンホテル神戸
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:東関東連合会 斉藤滋之先生
  • 関東第三連合会 渡邊貴之先生

コメント 秋ゼミは、楽しみましょうという児島連長の言葉通り、家族的な暖かいゼミとなりました。また、斉藤先生のご家族を交えたご講演に感動し、渡邊先生のヤングパワーと日専同流健康指導の基本のご講演で再確認出来たゼミでした。

中国連合会

中国連合会の様子
  • 日時:令和元年9月7日(土)~8日(日)
  • 場所:広島グランドインテリジェントホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:九州連合会 吉富先生
  • 関東第一連合会 眞下先生

コメント グループディスカッション、かなり盛り上がりました!!

中部連合会

中部連合会の様子中部連合会の様子
  • 日時:令和元年9月15日(日)~16日(月)
  • 場所:名古屋栄 東急REIホテル
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:近畿第二連合会 立岡万利夫先生
  • 近畿第三連合会 井上満弘先生

コメント 新しい会場での開催で、二人の講師の先生から、具体的な店頭実践のお話などから多くの気づき、そして三氣を頂きました。

九州連合会

九州連合会の様子九州連合会の様子
  • 日時:令和2年10月18日(日)
  • 場所:サテライト会場(各部会会場)
  • 行事:九連特別研修会(秋季ゼミナール)
  • 講師:くすりの白十字 靎順先生

コメント 2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、決起総会以降の行事が全て中止という異常事態となりましたがこの度9ヶ月ぶりに開催することが出来ました。
講師の先生方のご挨拶、ご講演では、今の時代を的確に捉え、前向きで温かく包み込んでくれる九連愛に溢れたお話を頂きました。多くの先生方や皆様に多大なるご協力を頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

沖縄連合会

  • 日時:令和元年9月29日(日)
  • 場所:ネストホテル那覇
  • 行事:秋季ゼミナール
  • 講師:日専同会長 黒沢光春先生
  • 九州連合会筆頭副連合会長 有延光司先生

お店探訪記

なつめ薬局 2022年12月号(No547)

なつめ薬局

今回、近畿第二連合会からご紹介するお店は、福井県福井市で開局されている「なつめ薬局」さんです。
「なつめ薬局」さんは、JR福井駅から、えちぜん鉄道で4番目の駅の越前開発駅から徒歩4分の立地にあります。開局は平成27年11月1日と、比較的新しい薬局です。お隣には内科クリニックがあり、近畿第二連合会では数少ない門前薬局型の会員店になります。駐車場設備もあり、薬局の外観はとっても綺麗で素敵な店舗です。薬局入口にはお花とともにブラックボードがお出迎え。
今回のブラックボードには、日専同のお店らしく、夏バテ処方箋~暑さを乗り切るならコレ‼~ 1に睡眠、2に胃腸として、夏バテ3大症状と夏の養生5か条(1、ぬるめの湯船で入眠準備 2、冷房と扇風機で体を冷やさない 3、水分補給は少しずつ、こまめに 4、山芋や梅干し、生姜などで胃腸を元気に 5、夏野菜を摂って熱冷まし)が綺麗な字で書かれていました。
清潔感漂う店内は棚や椅子、床が木で統一されています。そのため店内からはやわらかい雰囲気やあたたかさを感じました。棚には湧永商品が整理整頓され、並んでいました。
店名の由来をお伺いすると、「古来よりなつめは1日に3粒食べると健康で長生きできる」と言われています。このような言い伝えにあやかり、薬局にご相談に来られる皆様に元気になって欲しい、誰でも気軽に相談に立ち寄れる薬局をつくりたいという想いを込めて、「なつめ薬局」という名前を付けられたそうです。また、「なつめ」なら、小さなお子様からご年配の方まで誰でも読めて、優しさを感じる字体と発音の響きも良いと考えられたそうです。
薬局の代表者は千知岩祐次先生です。開局後、縁あって数年前に日専同に入会されました。千知岩先生は非常に勉強熱心な先生で、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師、認定実務実習指導薬剤師、スポーツファーマシスト、メディカルハーブコーディネーター、福井県子育てマイスターなど様々な資格をお持ちの先生です。また、近年は日専同の講師として全国を回られて講演もされ、すでにご存じの先生方も多くいらっしゃると思います。近畿第二連合会内でも講演していただき、勉強熱心で専門知識の豊富なことや、健康相談への深い想いに感銘を受けました。
先生が店で力を入れていることをお伺いしたところ、調剤中心でお忙しい中、病院で治療を受けている方、なんとなく不調を抱えている方、今の健康を維持したい方が誰でも気軽に相談に訪れることができ、すべての人の健康になりたいという想いに真摯に向き合い、誠意をもって健康指導をすることとご回答いただきました。
日専同(近二連)入会後は、当時の清水力也ヤング部長(現連合会長)からの熱心なヤングライオンズ勧誘に応えられて入会され、現在は塚本聖ヤング部長を支え、活躍されている先生です。特別研修会のヤングタイムでは、その季節に合ったロールプレイングを披露しますが、店主役として相談者の悩みに常に寄り添い、悩みを解決する接客をされています。
また、春秋のゼミナールでは、毎回講師の鞄持ちとして連合会行事を支えてくださっています。千知岩先生にとってのヤングライオンズについてお伺いしたところ、初めは数字も出せておらず、参加することに引け目すら感じられていたそうです。しかし、近二ヤングの先生方の一所懸命に活動されている姿を見ながら、毎月の例会などでともに活動していくうちに、「僕でも何かできることはないか、僕もヤングの一員として近二全体を盛り上げていきたい、近二ヤングの活動を全国ヤングへと広げていきたい、いつかは全連合会の先生方のお役に立ちたい」と考えるようになられたそうです。
全連合会の先生方が笑顔で店頭活動することは、きっと全国の日専同薬局に健康相談で訪れる方々を笑顔に変えることができると思います。これからも様々な活動を通してヤングから連合会にたくさんの情報を発信していきたいと思いますとの力強いお言葉をいただきました。
また、千知岩先生にとっての日専同とは、医学・薬学知識はもちろん、医療人としての心構え、相談者を指導するための豊富な知識など、自分の想いに合わせて学んでいける会と考えておられるそうです。そして、今後の目標として、地域の方々の健康相談の拠り所に なれる薬局を目指したいと考えられています。
千知岩先生の勉強熱心で豊富な専門知識や真面目な人柄が、地域の皆様の健康に大切な役割を果たしていると感じました。

  • 店名なつめ薬局
  • 代 表 者千知岩祐次先生
  • 所在地910−0842 福井県福井市開発1丁目203番地
  • 電話0776(54)8870
  • FAX0776(54)8871
  • 創業平成27年11月1日
  • 商品構成医療用医薬品 60% 一般用医薬品 30% 健康食品 10%
  • 平均客数50名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間8時半~18時半、木曜8時半~12時半、土曜8時半~15時
  • 店舗面積67.35 ㎡
  • 従事者薬剤師2名 登録販売者1名 調剤事務1名

記者/塩見拓平(近二連情報部長)

右島薬局 2022年11月号(No546)

右島薬局

今回ご紹介するのは東関東連合会長・斉藤滋之先生の右島薬局です。
斉藤先生のお店は千葉県船橋市の中心部に位置し、創業は江戸時代文政の頃で200年近く続く大変歴史のあるお店です。1970年に商店街を日本初の耐火建築商店街にしたときに薬局をビル化し、翌1971年に日専同に入会されました。
2018年には老朽化のためいったん取り壊して、2021年6月に新たに建て直したばかりのできたてほやほや、ぴっかぴかのお店です。右島薬局としては先生で7代目、右島薬局の前身である和泉屋薬舗から数えると16代目だそうです!
船橋といえば、ゆるキャラの「ふなっしー」はみなさんご存知の通り。他にも船橋市は千葉県内では千葉市についで2位の人口を誇り、千葉市に行くよりも東京のほうが近く、千葉の中でも屈指の大都市です。
そんな船橋について斉藤先生に
どんなところか聞いたところ、
・なんでも揃うのに何もないのが船橋
・船橋市長の名前は松戸さん(隣町が松戸市です)
・ふなっしーで有名になったけれど、梨よりも人参の生産量が多い
という地元民ならではの情報をいただけました。
斉藤先生は薬科大学卒業後に漢方研修塾に入り、その後、愛知県の薬局に就職。その年にお父様が脳梗塞で倒れたため、急遽実家に戻られ、そこからお店を継いで今に至ります。
現在は斉藤先生と奥様の玲子先生、お母様の邦子先生とスタッフ1名の4名で日々人助けに徹しています。
先生のポジティブな性格と知識の高さから、周りの先生方からの人望も厚く、斉藤先生から紹介される商品は不思議と良い感じがして取り扱いを始めてしまうという人徳の持ち主です。取り扱ってほしい商品は斉藤先生から紹介してもらうとよいですよ(笑)。
また、他メーカー、他団体のブロック長など、いろいろな役職がある多忙な中、今年からはとうとう東関東連合会の連長に就任されました。斉藤先生曰く、いろいろ気軽に引き受けていたら連長も引き受けることになったと笑いながらおっしゃっていました。そのメンタルの強さを少しでも見習いたいです……。もちろん今回の店舗取材も二つ返事でご了承いただけました。
真新しい外観から店内に入ると目の前にレオピンタワーがお出迎え。化粧品とお薬コーナーがきれいに分けられています。化粧品相談コーナー横にはエステコーナーも完備。お薬もきれいに陳列されています。商品陳列のポイントは、季節感のある陳列を意識しつつも、商品の配置、並び順はお客様が混乱するので変えないとのことでした。
接客で心掛けていることは、
・必要なものを勧め、自分の財布でお客様の財布を計らないこと。
・儲けにつながらないことにお金を使い、お客様を喜ばせること。
・お店を思い出してもらえるきっかけをつくること。
と、どれもお客様第一の考え方で、例えばレオピンの服薬指導などでもその思いが感じられました。斉藤先生のお店では、レオピンの服薬指導をする際は必ずロイヤルをお出しします。理由として、レオピンシリーズの一番良いものを体感してもらい、お客様に少しでも元気になってもらいたいからだそうです。
そして、既存のお客様とつながりを絶やさないために毎月のDMやお礼状を定期的に出すこと、また、新規の方へのアプローチとして新聞折込のフリーペーパーに記事広告を定期的に記載し集客につなげているとのことでした。
お客様に優しく接し、納得のいく説明をされ、あっという間に斉藤先生の虜になってしまう店頭でのイメージが浮かびます。
最後に日専同の思い出に残ることを尋ねると、第25回全国大会が無事に終了したことはもちろんですが、幼少の頃ファミリー会で行った川で流されてガチで死にそうになったことや、右島薬局に戻られてから所属する東関連のゼミに参加するよりも先に九州連のゼミに一人武者修行に行き、鹿児島の天文館薬局様から熊本の上通り薬局様、久留米の明治薬局様、佐賀の今泉薬局様、福岡のミカサ薬品様まで九州縦断の店舗見学をさせてもらえたことだそうです。
今回は取材前日に私の娘が発熱するというハプニングがあり、予定変更などいろいろとご迷惑をおかけいたしましたが、斉藤先生、ご協力ありがとうございました。

  • 店名右島薬局
  • 代 表 者斉藤滋之先生
  • 所在地273-0005 千葉県船橋市本町4−36−19
  • 電話047(422)3238
  • FAX047(422)6665
  • 創業1810年ごろ
  • 商品構成医薬品 50% 健康食品 20% 化粧品 30%
  • 平均客数15名
  • 定休日日曜・祝日
  • 営業時間9時~19時
  • 店舗面積60m2
  • 従事者斉藤滋之先生 斉藤玲子先生 斉藤邦子先生 矢田部由香利さん

記者/青木 秀一(東関連情報部長)

テイコク薬店千里中央店 2022年9月号(No544)

テイコク薬店千里中央店

今回、近畿第一連合会からご紹介させていただく店舗は、Beauty&Wellnessテイコク千里中央店(テイコク薬店千里中央店)様です。店舗は大阪府北部の豊能地域に位置する中核市である豊中市にあります。
豊中市は人口約40万人の大阪第4の都市で、北西部には大阪国際空港があります。また、市内には高級住宅街があり、大阪マダムがたくさん住んでいるところです。「お好み焼き」より「PIZZA」、「うどん」より「スパゲッチィ」がよく似合うお洒落な街です。豊中市はあまり知られていませんが、高校野球・高校サッカー・高校ラグビー・高校アメフトの発祥地でもあります(豊中市のホームページより)。
テイコク薬店千里中央店様は、北大阪急行電鉄と大阪モノレールの千里中央駅のせんちゅうパルという商業施設の1階で営業をされています。お店の名前のとおりで、まったく新しい「美容と健康に特化したお悩み解決型のお店」として展開しておられ、きめの細かい接客を武器に展開をされています。
テイコク製薬社様の日専同入会のきっかけは、レオピンの良さを知り、お客様の健康増進のために、レオピンを紹介したいと思っていたところ、当時の近畿第一連合会長・八賀一平先生(現副会長)にご尽力いただけたことが大変大きかったとお聞きしました。そして、平成16(2004)年に日専同への入会が叶ったそうです。
実績は、平成17年にゴールド会員になり、3店舗ですが、16年間連続ゴールド会員です。地域のお客様の健康増進を目指して日々の日専同活動をしておられます。そのテイコク製薬社様の旗艦店となるのが千里中央店様です。
店舗に潜入してはじめに感じたことは、美容と健康を意識させられるような店舗レイアウトと商品の配置・陳列です。人生100年を楽しく美しく豊かに暮らすための提案が至る所に散りばめられています。
その一例が、写真にある提案型のヘルスツリーによるレオピン紹介コーナーや後鼻漏コーナーなどです。3店舗の総括責任者である部長の和田明宏先生、マネージャーの東本潤也先生、店長の吉田直人先生が主になり、薬剤師の大村京子先生、ビューティースタッフの熊崎幸子先生、豊島ひとみ先生、大山京子先生の7名体制で運営されておられます。
和田明宏先生は、近一連の副連合会長であり、実績統括部長として近一連をグイグイと引っ張っていく中心的存在としてもご活躍をいただいております。
和田明宏先生は、テイコク製薬社においても執行役員・OTC事業部長として会社をけん引しておられますが、店舗においてもスタッフの皆さんと上手にコミュニケーションをとられ、やる気・勇気(言う気)・根気を高め、モチベーションを上げられるように工夫をしておられます。スタッフの皆さんの笑顔がとても素敵な店舗です。お客様の相談に対して真摯に向き合い、適切なアドバイスをするだけでなく、元気と勇気と笑顔がもらえるドラッグタイプの相談型店舗を従業員の皆様と一丸になって目指しておられるとお伺いしました。
訪問時には、東本潤也先生が「雨の日は自律神経が乱れやすいので片頭痛などにもご注意を、規則正しい生活が一番ですが腸内環境を整えることも自律神経を整える近道です」と紹介をしておられました。
私の帰り際にはレオピンの新規が取れたからと、ワクナガメンバーズカード会員登録申し込みはがきをポストに投函に行かれました。まさに店舗が動いている中での訪問となり、ご迷惑をおかけしたかと思いますが、ライブ感満載の店舗訪問となりました。
お忙しいところを取材にお付き合いいただいた、和田明宏先生をはじめスタッフの皆様には大変お世話になりありがとうございました。

  • 社名(株)テイコク製薬社
  • 店名Beauty&Wellness テイコク薬店千里 中央店
  • 店舗責任者和田明宏先生
  • 所在地560-0082 大阪府豊中市新千里東町1 −3せんちゅうパル1階
  • 電話06(6832)7540
  • FAX06(6832)7540
  • 創業1972年
  • 商品構成医薬品 30% 健康食品 12% 化粧品 45% 医療衛生 10% 日用品 3%
  • 平均客数200名
  • 定休日なし
  • 営業時間10時~20時
  • 店舗面積45坪
  • 従事者和田明宏先生 東本潤也先生 吉田直人先生 大村京子先生 熊崎幸子先生 豊島ひとみ先生 大山京子先生

記者/上羽 敏明(近一連情報部長)